連載:日本代表選手のルーツを探る

“全試合観戦”の父が語る鎌田大地の素顔 「W杯は蓋を開けてみないとわからない(笑)」

栗原正夫
アプリ限定

キッズFC時代の鎌田(写真右)。当時からそのサッカーセンスは光っていたという 【写真提供:鎌田幹雄さん】

「午前0時や1時くらいの試合ならライブで、3時、4時くらいの開始なら朝早く起きて出勤前に録画で見ます。でも、さすがに(ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグの)バルセロナ戦は午前4時キックオフでしたが、ライブで見ました。朝から大興奮? 今回はそうでしたが、普段はがっかりすることもありますから(苦笑)。試合は基本、夫婦で観戦しますが、保護者であればどの家庭もそうじゃないですか」

 そう話すのは日本代表MF鎌田大地の父、幹雄さん(53)。自身も大阪体育大学時代はボランチとしてプレーしてきただけに、幼少期から愛息がプレーする姿は積極的に観戦してきた。プロ入り後は生観戦かテレビ視聴かを問わなければ、息子がピッチに立った試合はすべて見てきたという。

「中学生の頃にバルセロナのキャンプ(神戸)に参加したこともありましたし、対戦が決まったときは母親に電話をかけてきて『いちばん当たりたかった』と喜んでいたみたいです。カンプ・ノウで、ガチンコでバルサとできるなんてありえないですし、シャビ監督から『ダイチ・カマダ』と名前が出たときはびっくりしました。日本代表から外れたときには『クラブで活躍すれば、また呼ばれる』と本人は話していましたし、ヨーロッパリーグには期する思いもあったんだと思います。‟ああ見えて”、性格は熱いところがありますから」

※リンク先は外部サイトの場合があります

他人の評価は、どちらに転ぶか紙一重

2021-2022シーズン、鎌田大地はフランクフルトで長谷部誠とともにヨーロッパリーグを制した 【写真:ロイター/アフロ】

 2021-2022シーズン、鎌田はフランクフルトで長谷部誠とともにヨーロッパリーグを制した。日本人選手としてはフェイエノールト時代の小野伸二以来20年ぶりとなる快挙だった。日本代表にも返り咲き、11月開幕のカタールW杯では森保ジャパンのキーマンとして期待する声も多い。だが、鎌田を最も近くで見てきた幹雄さんは息子の活躍を喜びつつ、W杯に向けては「メンバーに入りますかね?」といたずらっぽく笑う。

「たとえば周りが見えるとか、パスを出せるとか、大地のいいところは小学生の頃から一緒。ただ、戦えないとか、ハードワークができないとか、ガンバのジュニアユースの頃は点が取れないと指摘されることもあって、実際にユースに上がれませんでした。

 技術的には問題ないように見えましたし、私としてはユースに上がれると思っていました。ただ、大地のことを考えると高体連に行った方がいろんな意味でいいかなと考えていたところ、逆にガンバから(昇格を)断られたという(笑)。結果的にはフィジカルが鍛えられ、仲間のためにプレーすることも学べましたし、東山に行ってよかったと思っていますけどね」

 評価とは他人がするもので、どう転ぶかは紙一重である。飄々とするプレーも「軽い」と批判されることがあれば、「捉えどころがない」と好意的にとられることもある。いくら活躍しても評価する人がいる一方で、しない人もいるのが世の常。鎌田は、これまでのキャリアでそうしたことを身をもって味わってきただけに、幹雄さんとしても周囲の評価に一喜一憂などしたくないのかもしれない。

「顔(の表情)なのか動作なのか、大地は人に評価されない経験をしてきましたからね。決して走ってないことはないし、戦っていないわけでもないのに『走らない、戦えない』と言われて。フランクフルトの1年目などは懸命さが伝わらなかったのか、ひたすら森の中を走らされていた時期もあったと聞きました。

 普通は心が折れるところ。大地も周りから『もっと一生懸命プレーしろ』『やっている風に見せた方がいい』とか、いろいろ言われたみたいです。ただ、大地は『実力を示せば、誰もそんなことは言わなくなる』と言い続けていましたし、わざわざ誰かに評価されるために自分を変える必要はないと思っていたのでしょう。いまでは誰も大地に『一生懸命やれ』なんて言わなくなりましたよね」

‟追試”で掴んだサガン鳥栖とのプロ契約

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

栗原正夫

1974年生まれ。大学卒業後、映像、ITメディアでスポーツにかかわり、フリーランスに。サッカーほか、国内外問わずスポーツ関連のインタビューやレポート記事を週刊誌、スポーツ誌、WEBなどに寄稿。サッカーW杯は98年から、欧州選手権は2000年から、夏季五輪は04年から、すべて現地観戦、取材。これまでに約60カ国を取材で訪問している

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント