連載:プロ野球・スポーツナビ週間MVP

パ野手は“ドラ9”ルーキーが週間MVP受賞 セ野手は巨人戦大活躍の佐野を選出

データスタジアム株式会社
アプリ限定

セ・リーグの野手1位は、2試合連続本塁打を記録した佐野(DeNA) 【写真は共同】

 スポーツナビでは2022シーズンのプロ野球で、週間MVPを選出する。データスタジアム社提供の「WPA(Win Probability Added)」という指標(=その選手がどれだけチームの勝利確率を増減させたかを表す指標)を基に、「セ・リーグ野手」「パ・リーグ野手」「セ・リーグ投手」「パ・リーグ投手」の4部門で選手をランキング化。トップに輝いた選手を、ぜひチェックしてほしい。

印象に残る長打を放った3選手がランクイン

 セ・リーグの野手では、2試合連続本塁打を記録した佐野恵太(DeNA)が1位に輝いた。次いで打率.444の活躍を見せた坂倉将吾(広島)、2試合で計10打点を挙げた中村悠平(ヤクルト)がランクインした。

【データ提供:データスタジアム】

1位 佐野 恵太(DeNA)

【データ提供:データスタジアム】

 6月22日の巨人戦で同点ソロを放つと、翌日の試合では2試合連続本塁打となる先制ソロを記録し、見事に中軸の役割を果たした。さらに26日の広島戦では、1点を追う9回に守護神・栗林から値千金の適時二塁打。土壇場で試合を振り出しに戻し、本拠地のファンを沸かせた。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

データスタジアム株式会社

日本で唯一のスポーツデータ専門会社。 野球、サッカー、ラグビー等の試合データ分析・配信、ソフト開発などを手掛ける。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント