連載:高校野球 ポジション別プレイヤーランキング

「ポジション別選手ランキング」一塁手編 スケールの大きな2年生スラッガー4人がランクイン

西尾典文
アプリ限定

来年のドラフトの目玉になり得る真鍋慧(左下)、佐々木麟太郎(右下)の二人を含め、スケールの大きな2年生が顔を揃えた 【西尾典文】

 高校野球ポジション別プレイヤーランキング、今回は一塁手編の上位5選手を紹介する。例年のような、「ドラフトの超目玉」が不在と言われているが、入学時からコロナ禍で十分な練習ができてこなかった世代であるため、将来性や今後の伸びしろという点では、例年以上に楽しみな選手が揃っているとも言える。果たしてどんな顔ぶれが並ぶのだろうか?

5位:明瀬諒介(鹿児島城西2年/183cm95kg/右投右打)

ファーストストライクから振れる積極的も魅力のスラッガー 【西尾典文】

 九州で密かに注目を集めている右の大砲候補。昨年秋の新チームから中軸を任されると、九州大会では初戦で九州国際大付に敗れたものの、打った瞬間に分かるホームランをセンター左へ叩き込み、その長打力を見せつけた。堂々とした体格は下級生とは思えないものがあり、決して力任せではなくスムーズに振り切って強く引っ張ることができる。ファーストストライクから積極的に振れるのも魅力だ。

 また投手としても140キロ前後のスピードをマークするなど非凡なものがあり、肩の強さも申し分ない。将来的には他のポジションへコンバートされることも考えられるだろう。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

西尾典文

1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント