Bリーグ月間MVP特集

月間MVP受賞の千葉・富樫勇樹 CS敗退も東地区優勝の原動力に

大島和人

4月・5月の「月間MVP」を受賞した千葉ジェッツの富樫勇樹。得点、アシストでチームに貢献した 【(C)B.LEAGUE】

 Bリーグは月間MVPに相当する「B.LEAGUE Monthly MVP by 日本郵便」を、昨シーズンからファン投票で選んでいる。2021-22シーズンの大詰めとなる4月・5月のMVPには、千葉ジェッツの富樫勇樹選手が選出された。千葉は試合中止の相次ぐコロナ禍の難しいシーズンを35勝10敗で乗り切り、東地区首位でチャンピオンシップ(CS)出場を果たした。4月・5月はCSのホーム開催権を得るためにも負けられない試合が続いた中で、富樫は10勝3敗という好成績に貢献し、個人でも1試合平均13.2得点6.2アシストを記録。ポイントガードとしてしっかりと役割を果たした。
 
 ただし、連覇を懸けて臨んだCSはクォーターファイナルで宇都宮ブレックスに敗れ、彼は例年より早いタイミングでオフに入っている。富樫選手と千葉にとっては達成感と悔しさの相半ばするシーズンとなっただろう。今回はそんな富樫選手が4月・5月の活躍に加えて、コロナ禍のシーズンに関する振り返り、そして「夢のアリーナ」への期待など、率直な考えを語ってくれた。

※リンク先は外部サイトの場合があります

MVP受賞に驚き「これって辞退できるの?」

――千葉ジェッツは4月、5月でレギュラーシーズンを合計13試合戦っています。日程の振替もあり、4月20日から5月8日にかけて9試合という強行日程でした。そんな終盤戦を振り返っていかがですか?

 いつ中止になるかわからない状況で、実際に中止になった試合が多かったわけですが、チームはまず東地区1位を目指してやっていました。昨シーズンもそういったスケジュールで連勝してCSに入っていったので、連戦はそこまで気にならなかったです。ただ、疲労度などいろいろなものを含めると大変なスケジュールでした。強豪チームとのアウェー戦も続いて、選手にとって簡単なものではなかったです。

――そういう難しい状況、対戦相手にもかかわらず富樫選手はファン投票で月間MVPに選出されました。その感想はいかがですか?

 正直に言うと、MVPに値するプレーをした記憶はありません。最初に本気半分・冗談半分で「これって辞退できるの?」という話をしたくらいです。他の候補はセバス(セバスチャン・サイズ/アルバルク東京)と(ペリン)ビュフォード(島根スサノオマジック)選手ですよね? その2人は数字的にもインパクト的にも良かったと思います。でも投票してくれたたくさんの方がいての受賞なので、そこは素直にうれしさがあります。

――ポイントガードはチームの結果で評価されますし、富樫選手のスタッツも素晴らしかったと思います。でもご自身としては「満足しているわけではない」という感じですか?
 
 月間MVPの3人のうちの1人に入るのは、自分の中でもシーズンを通して一番いい月だったり、チームが全勝していたり、そういう時なのかな……と思っていました。

――4月、5月の試合で印象に残っているのはどの試合ですか?

 終盤の試合ですね。宇都宮(ブレックス)に勝った試合と、サンロッカーズ渋谷との最終節。SR渋谷戦はどちらが勝ってもおかしくない内容で、SR渋谷もワイルドカードでのCS進出をかけてプレーしていました。2試合を勝ち切れたことが、チームにとってすごい自信にはなっていたと思います。

――東地区1位で臨んだCSは、クォーターファイナルで宇都宮に連敗してしまいました。富樫選手から見て、千葉が力を出しきれなかった理由は何ですか?

 目に見えるのものではないですけど、15試合が中止になって、他のチームとの10試合前後の差が出たことです。そんな悪いCSへの入り方ではないと感じていたんですけれど、その差が出たのかなと思います。

 毎年思うんですけど、開幕の時よりはシーズンが終わる時のほうがいいチーム。特に昨シーズンはCSのあたりで本当に急にチームが成長して大一番に臨めました。中止になった15試合がチーム作りに与えた影響もありますし、濃厚接触などで練習さえできない期間がありました。そもそもの練習時間と試合数で、他チームと差が出た。年間をとおしてこれだけ違ってくると、(シーズン中の成長度も)変わってきます。

夢のアリーナ誕生に期待

シーズンを終え、ファン・ブースターへの感謝を口にした 【バスケットボールキング編集部】

――千葉がクォーターファイナルでシーズンを終えるのは2016-17シーズン以来ですが、オフが早く始まって他のチームを見る感覚はどうですか?

 沖縄では現地で1試合見たり、ファイナルの1戦目を解説として行かせていただいたり、自分がプレーせずに会場でバスケットボールの試合を見るのはまずないことです。新鮮で楽しめています。解説もさせてもらって、どうだったかわからないですけど、難しいですね(笑)

――沖縄アリーナの印象はどうでしたか?

 琉球(ゴールデンキングス)の選手以外では多分、自分が沖縄アリーナで一番試合をしています。日本代表でもプレーしましたから、そこでプレーし慣れているし、居心地のいい部分もあります。

――千葉も新しいアリーナが建設中です。そういう「夢のアリーナ」でプレーできることはモチベーションになりますか?

 それはやっぱり違うと思います。沖縄アリーナの会場に入った瞬間は、試合内容と関係なく、その光景だけでウキウキする気分になります。千葉の新アリーナも楽しみですね。

――ジェッツのファン・ブースターへのメッセージをお願いします。

 この長いシーズンを支えてもらった結果が東地区優勝です。CSはホームで連敗というかなり悔しい結果になってしまいました。2017-18シーズンから3大会連続(※2019-20シーズンは新型コロナウイルス感染拡大のため中止)でファイナルに出場していましたが、今シーズンはシーズンが早く終わってしまい、ファン・ブースターの皆さんの期待に応えられませんでした。でもこのチームでできる最大限のことはできたかなと思っています。ファン・ブースターの皆さんの1年間の変わらないサポートには、本当に感謝しています。

――最後に日本のバスケットボールファンに対して一言お願いします。

 沖縄アリーナの試合を外から観て、プレーしているのと感覚が全く違って、ああいうアリーナが日本にもっと多くできたら、日本の競技レベルも確実に上がるなと思いました。琉球の今シーズンの強さについても、雰囲気を見て納得しました。アリーナ計画はいくつも発表されていますし、今後のバスケット界はすごく楽しみです。皆さんにもっと喜んでもらえる試合ができると感じますし、日本代表も含めて期待してもらえたらなと思います。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

大島和人

1976年生まれ。生まれが横浜で育ちは埼玉。現在は東京都(神奈川県に非ず)町田市に在住している。サッカーは親にやらされたが好きになれず、Jリーグ開幕後に観戦者として魅力へ目覚めた。学生時代は渋谷の某放送局で海外スポーツのリサーチを担当し、留年するほどのめり込む。卒業後は堅気転向を志して某外資系損保などに勤務するも足を洗いきれず、2010年より球技ライターとしてメジャー活動を開始。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント