高川学園vs.青森山田、注目すべき4つのポイント セットプレーが武器の両校はどう対応する?

安藤隆人
アプリ限定
 今年のインターハイ、プレミアリーグEAST優勝とユース年代のトップに君臨する青森山田が順当にここまで勝ち上がって来た。対するはセットプレー時に選手たちが手をつないでグルグル回ってからゴール前に入っていく、ユニークなプレーを披露して世間の注目を集めている高川学園。ここでは準決勝の高川学園vs.青森山田を4つのポイントに分けて解説していく。

※リンク先は外部サイトの場合があります

青森山田のロングスローに対し……

青森山田のロングスローが凄(すご)いのは、スロワーと中にいる選手との意思疎通や戦術が共有されていることにある 【写真は共同】

 青森山田の武器の1つといえばロングスローにある。近年の高校サッカーのトレンドになっているロングスローだが、ただ遠くに飛ばせるスロワーがいればいいだけではない。中で合わせる選手たちの戦術的な連係なくして、ゴールにはつながらない。青森山田のロングスローが凄(すご)いのは、スロワーと中にいる選手との意思疎通や戦術が共有されていることにある。

 基本的に青森山田はニアにヘッドの強い選手をストーンに置く。FW名須川真光やCB丸山大和などが状況に応じてニアに入り、飛んできたボールを頭に当てることで、相手守備陣のブラインドになるだけでなく、ゴール前でスクランブル状態を作ることができる。

 インターハイ決勝で米子北は徹底してニアのストーンをつぶしにきた。2人の選手で挟み込んで自由を奪うと、GKもセカンドボールに誰が反応するか目を光らせていた。こうした守備を高川学園が構築できるかがポイントになる。

 このインターハイの時と1つだけ違うのは、ロングスローは左サイドバックの多久島良紀がニアへのライナーボール、ファーへのボールを使い分けながら投げていたが、今大会は負傷でベンチに入っていない。代わりに右サイドハーフの藤森颯太が投げている。飛距離は多久島の方があるが、準々決勝の東山戦では藤森の右ロングスローから、ストーンに入った名須川が体をひねらせながらニアに頭で落とし、これにいち早く反応していたFW渡邊星来が冷静に蹴り込んだ。今年も武器であることに変わりはないだけに、高川学園がどのような対応をするのか注目だ。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント