連載:#BAYSTARS - 横浜DeNAベイスターズ連載企画 -

森敬斗&河村勇輝、世界で活躍する同学年のサッカー久保建英から受ける刺激

斎藤寿子
アプリ限定

森敬斗(写真左)と河村勇輝(写真右)の競技を超えた“同学年”対談。初対面の緊張が徐々にほぐれ、フレッシュなプロアスリート談義に花を咲かせた 【スリーライト】

 横浜DeNAベイスターズの2019年ドラフト1位指名で入団した森敬斗選手と、東海大学2年生でプロバスケットボールリーグでも特別指定選手としてプレーする河村勇輝選手。ともにプロとして2シーズン目を迎えた二人の同学年対談がオンラインで実現。1年目との意識の変化や、同世代のスポーツ選手からの刺激など、さまざまなことについて若手二人の“今”を語ってもらった。(取材日:6月10日)

「2年目は“プロの壁”を感じた」(河村)

――プロ2シーズン目に入り、プロとして意識していること、アマチュアとの違いについて感じていることとは?

 プロに入って人から見られることがすごく多くなって、その中でしっかりと結果を残していかなければいけないというのはアマチュア時代とは全然違うなと。結果を出すためには死に物狂いで練習もしなければいけないと思って、今やっています。

河村 森選手が言うように、お客さんがお金を払って見に来てくれているという中で、自分たちは結果を出して応援してくれているブースターの皆さんに恩返しをしないといけないと思っています。それと、プロである以上、小さな子どもたちや、プロを目指している子どもたちから憧れられている立場だと思うので、一つひとつの言葉や、プレーの部分でもお手本になれるようにと思っています。

――お二人とも1シーズン目よりも2シーズン目の方が良い結果を出していますね。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント