ファン、クラブの双方がウインウイン STVVが発行したトークンの魅力とは?

飯尾篤史

14カ国の選手が所属する多国籍軍のSTVVにとってファントークンの発行は、グローバルなファンにアプローチする大きなきっかけとなった 【写真:REX/アフロ】

 ユベントス、バルセロナ、パリ・サンジェルマンといった有名クラブが発行しているファントークン。新たな収入源になるうえに、ファン・サポーターの新しい応援の形となるこの新サービスを導入しているのは、ビッグクラブだけではない。ベルギーの地方クラブであるシント=トロイデンVV(STVV)もファントークンを発行し、収入増に加え、グローバルなファンへのアプローチに成功している。果たしてファントークンとはなんなのか。STVVにはどんな思惑があるのか。ビジネスダイレクターを務める村田晋之佑氏に聞いた。

ファントークンは消費ではなく投資

 コロナ禍におけるヨーロッパでチケット収入が見込めないクラブにとって新しい収入源となるうえに、クラブと深く関わりたいファン・サポーターのエンゲージメントを高める新しいサービスが今、注目されている。

 それが、ファントークンだ。

 ファントークンとは、デジタル資産の一種で、所有者はクラブが開催する投票イベントに参加するなど、特別な体験を得ることができる。

 年会費を支払うファンクラブとは異なり、一度購入したファントークンは手放さない限り、行使しても消滅しない。所有すれば、半永久的にクラブを応援することができるのだ。

「クラウドファンディングや投げ銭は、使ったお金が二度と返ってこないため、消費的な側面が強い。でも、ファントークンはマーケットプレイス上で購入して、権利を所有するイメージです。欲しい人が増えると価値も上がっていくので、投資でもある。お金を使ったというより、オーナーシップを持っているという擬似体験ができる。ここが革新的なポイントだと思います」

 そう語るのは、ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVV(以下STVV)でビジネスダイレクターを務める村田晋之佑氏だ。

 ヨーロッパではユベントス、バルセロナ、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリー、ガラタサライ、ローマといった有名クラブがChiliz(チリーズ)の運営する『Socios.com』と提携し、ファントークンを発行しているが、STVVも2020年12月にこの新しいサービスを導入した。

「もともと、スタジアムに来られない方はたくさんいらっしゃるんです。特に我々は今、14カ国の選手を抱えていて、ファン・サポーターのグローバル化が進んでいる。しかも、今はコロナ禍ですから」

スローガンを投票で決定する

ビジネスダイレクターを務める村田晋之佑氏。STVVは『Socios.com』への参画の意思を7番目に表明し、13番目にファントークンを発行したクラブとなった 【(C)STVV】

「これまでのファン・サポーターは試合を見に来て、たまにグッズを買ってくださるくらい。ソーシャルメディアにしても、クラブが発信したものを受け取るという受動的なもの。ファンとして体験できる幅が狭かったんですが、ファントークンの場合はクラブが催す企画に参加し、投票することで決定に関わっていただき、クラブをより身近に感じていただくことができるんです」

 例えば、ユベントスは第1回のイベントとして、本拠地アリアンツ・アレーナにおけるゴールセレブレーションソングを決める投票を行った。一方、STVVはこれまで以下のようなイベントを開催している。

・キャプテンマークのメッセージを決めよう

・クロスバーチャレンジの罰ゲームを決めよう

・ユースユニホームに圧着されるスローガンを決めよう

・復刻版レトロシャツに投票して、復活させよう

「イベントに関しては、マーケティングチームが考えてくれた多くの案をブラッシュアップし、最終的に私を中心にチーム内で決めています。今後、試合の入場時のゲートに掲げるスローガンを投票で決めるとか、試合中に見える部分にファン・サポーターの投票結果が反映されるようなイベントをもっとやりたいと思っています」

1/2ページ

著者プロフィール

飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

古江彩佳が4ダウンから大逆転 22ホール…

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント