IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ファインダー越しに見た角田裕毅の強さ
熱田カメラマン「こんな期待感は初めて」

アプリ限定

冷静に考え直しても期待できると思う

バーレーン公式テストでアルファタウリ・ホンダを操る角田裕毅。最終日には2番手タイムを記録
バーレーン公式テストでアルファタウリ・ホンダを操る角田裕毅。最終日には2番手タイムを記録【Getty Images】

 2021年、7年ぶりに日本人ドライバーがF1にデビューする。角田裕毅である。角田はまだ20歳という年齢でありながら、下位カテゴリーを順調に卒業。アルファタウリ・ホンダのシートを射止めた。


 その彼はホンダはもちろん、レッドブルという強力な後ろ盾を経て、デビューが決まる前からF1マシンを使ったテストを実施。旧型車ではあったものの、十分な経験を積んでデビューを迎える。また、先日までバーレーンで行われていたプレシーズンテストでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンと遜色ない、総合2番手となるタイムを記録。その期待感は高まるばかりだ。


 角田が初めてF1マシンを走らせたのは、20年11月。そのテストをコースサイドで唯一撮影した日本人カメラマンが熱田護である。熱田はその後、バーレーンで行われたFIA F2の終盤2ラウンド、そして角田も参加したアブダビでのF1若手ドライバーテストも撮影。角田の走りをファインダーに収めてきた。そしてその角田のF1での活躍を、大いに期待しているひとりだ。


「日本人だからという贔屓(ひいき)目に見ている部分も、もちろんあると思います。でも、冷静に考え直してみても、期待を持てるんじゃないかと思うんです」


 熱田はそう語る。

motorsport.com 日本版

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント