IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1位候補以外の「注目選手」はコイツだ!
西尾×小関×福田 ドラフト鼎談2020

アプリ限定

西尾氏が注目する履正社のスラッガー・小深田。全国制覇した昨夏は、井上広大(阪神)と3、4番コンビを組んだ
西尾氏が注目する履正社のスラッガー・小深田。全国制覇した昨夏は、井上広大(阪神)と3、4番コンビを組んだ【写真は共同】

 10月26日に行われるプロ野球ドラフト会議。スポーツナビでは、昨年に続きアマチュア野球の逸材を追って全国各地で取材活動を行うおなじみのお三方、西尾典文氏(野球ライター)、小関順二氏(野球ライター)、福田豊氏(日刊スポーツ編集部)に集まっていただき、ドラフトにまつわるトークを展開してもらいました。今回は3氏による1位候補以外の「注目選手」を紹介。上位指名、下位・育成指名でおすすめの選手を挙げてもらいました(実施日:10月4日)。


1位12人以外で気になる上位候補3選手

――今回は1位の12人以外で注目している上位指名候補、下位・育成で指名するとひょっとして大化けするかもしれない注目選手をそれぞれ1名ずつ挙げていただきます。まずは上位指名候補の注目選手を1名挙げてください。


▼福田さん

松本竜也(Honda鈴鹿)


▼西尾さん

小深田大地(履正社)


▼小関さん

漁府輝羽(おかやま山陽)

――まずは西尾さんが挙げた履正社のスラッガー、小深田からお話を聞きたいと思います。


西尾 去年の甲子園で優勝したときは井上広大(阪神)が4番で、小深田が3番を打っていて、その時は調子が良くなかったんですけど打つ形が良かったですし、その前からずっといいなと思って見ていました。


 秋の近畿大会で2試合見たんですけど、ちょっと高校生じゃないなという感じでした。体つきも打球の速さとかも。右投げ左打ちのサードで、高校の先輩である安田尚憲(千葉ロッテ)と重なる部分が多いんですよね。(高校時代は)安田の方が騒がれていましたけど、僕はそんなに差がないと思っています。


 高校生で1位の12人で福田さんが名前を挙げている井上朋也(花咲徳栄)、元謙太(中京学院大中京)と比べても、一番技術とパワーがあるのは小深田だと思っています。ひょっとしたら外れ外れ1位で指名があるかもしれませんし、2位では消えるんじゃないかなと思っています。


小関 パワーヒッターで見るからに力感があってブリブリ行く感じですよね。もうちょっとブリブリがなくなるといいのかなという気もしますけどね(笑)。


西尾 ブリブリしていても結構打率も高いんですよ。去年の秋は6割以上打っていて、今年の夏の大阪大会でも5割以上打っていて、最後大阪桐蔭とやったときもたしか4本打ってるんですよね。甲子園だけ1本微妙なあたりのヒットでしたけど。(プロでも)率も残せるんじゃないかなと思っています。


――福田さんはいかがですか?


<続きはスポーツナビYouTubeチャンネルか、スポナビアプリでは動画本編未公開のお話もお楽しみいただけます。>

福田 純粋な子ですね。


西尾・小関 (笑)。

永松欣也
永松欣也

1976年、大分県速見郡生まれ。サラリーマン生活を経て30歳からWEBスポーツ界へ。多くのスポーツサイトの企画・編集、ディレクションなどを経てフリーランスに。現在はWEBディレクションと並行して、少年野球、高校野球関連サイトの企画・編集・監修も務めている。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント