IDでもっと便利に新規取得

ログイン

声優・濱野大輝の心を奪ったベイルが復帰
モウ体制2年目のスパーズにタイトルを!

アプリ限定

 ヨーロッパサッカー通として、声優界で知る人ぞ知る存在が濱野大輝さんだ。学生時代はラグビー部だったという濱野さんが、サッカーに魅了されたきっかけはなんだったのか。そして、リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルではなく、長くタイトルから遠ざかっているトッテナムにハマってしまった理由とは? 一目見て「心を奪われた」というあのアイドルも復帰を果たした今季、その「スパーズ愛」はさらに深みを増しているようだ。

泥臭い感じが琴線に触れたのかも…

スパーズのユニフォームを着た濱野大輝さん。「強すぎない」ところが魅力ではあるが、そろそろタイトルが欲しいと本音も
スパーズのユニフォームを着た濱野大輝さん。「強すぎない」ところが魅力ではあるが、そろそろタイトルが欲しいと本音も【写真提供:アーツビジョン】

──学生時代はラグビー部だったそうですね。ポジションは?


 バックスですね。9番(スクラムハーフ)とか、11番、14番(ともにウイング)もやっていました。


──それがどうして、サッカーにハマるようになったんですか?


 海外、とくに南半球のラグビーの試合をよくテレビで観戦していたんですが、ちょうどその後にプレミアリーグのライブ中継をやっていて、なんとなく流れで見るようになったんです。それで、次第にプレミアリーグが好きになって。


──ファン歴はどのくらいですか?

 

しっかり見始めたのは、(ギャレス・)ベイルがトッテナムでデビューを飾った2007年くらいからですから、まだファン歴は浅いんです(笑)。


──熱狂的なスパーズ・ファンと伺いましたが、きっかけは?


 それこそベイルですよね。彼のプレーを見て、すっかり心を奪われてしまったんです。


──日本でプレミアリーグが好きな方は、その多くがリバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルなどのファンだと思いますが、あえてスパーズを応援するのは、やはりベイルがいたからですか?


 それもありますがスパーズを応援しがいがあるのは、決して常勝軍団ではないからなんです。良い時代よりも苦しい時代の方が長かったし、スター選手も定期的に出てはくるけど、ビッグネームばかりでチームを固めているわけでもない。補強に関しても、毎年なんとかやりくりしている印象です。そんな、ちょっと泥臭い感じが、なんとなく琴線に触れたのかもしれません。


──強すぎないところが?


 まあ、応援しがいはありますよね(笑)。


──ただ、一昨シーズンはクラブ史上初めてチャンピオンズリーグ(CL)のファイナルまで勝ち進みましたね。残念ながらリバプールに0-2で敗れてしまいましたが。


 はい。ただ決勝のジャッジについては、まだ納得していないんですよ。


──開始1分のPKの判定ですか?(編集部・注/サディオ・マネのパスがムサ・シソコの腕に当たり、リバプールが先制点となるPKを獲得した)


 あれはハンドじゃなかった(笑)。それでも、まさか自分の応援しているチームがあの舞台にたどり着くとは想像もしていませんでしたから、やっぱり気持ちが高ぶりましたね。準々決勝あたりからは、スパーズ・ファンが集まるようなパブに行って、しれっと一緒に応援していたんです。


──スパーズ愛がすごい(笑)。


 ここ数年は特に、才能豊かな若手が多く出てきて、面白いサッカーをするようになりましたから。応援にも熱が入ります。

ポチェティーノ時代の流動性もミックスを

モウリーニョの監督就任でカウンター志向が強まった印象はあるが、そのカリスマ性でチームに勝者のメンタリティーを植え付けてくれるはずだと、濱野さんは期待する
モウリーニョの監督就任でカウンター志向が強まった印象はあるが、そのカリスマ性でチームに勝者のメンタリティーを植え付けてくれるはずだと、濱野さんは期待する【Getty Images】

──しかしベイルもそうですが、良い選手を引き抜かれてしまうケースも少なくありません。


 たしかにそうですね。ただ新しいスタジアムもできたばかりだし、これからは常にプレミアのトップ6、いやトップ4にいられるクラブになっていかなくてはなりません。そのためにも若手を育てながら、強化に関してもうまくやりくりしていってほしいですね。


──若い選手が育っていく過程を見守るのが好きなんですか?


 ベテランの選手ももちろん好きなんですけど、ロマンのある選手というか、無限の可能性を秘めた若手に、どちらかというと注目していますね。そういう意味で、スパーズはぴったりなチーム。まだ完全に脂が乗り切っていない、これからスターになるんだという野心を持った若い選手がたくさんいますからね。


──今、スパーズでイチオシの選手は誰ですか?

吉田治良

1967年、京都府生まれ。法政大学を卒業後、ファッション誌の編集者を経て、『サッカーダイジェスト』編集部へ。その後、94年創刊の『ワールドサッカーダイジェスト』の立ち上げメンバーとなり、2000年から約10年にわたって同誌の編集長を務める。『サッカーダイジェスト』、NBA専門誌『ダンクシュート』の編集長などを歴任し、17年に独立。現在はサッカーを中心にスポーツライター/編集者として活動中だ。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント