IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタ自動車・栗林が頭一つ抜けている?
スカウト評価が高い「社会人・独立L投手」

アプリ限定

両スカウトの期待も高い栗林良吏(トヨタ自動車)。競合必至の選手の一人だ
両スカウトの期待も高い栗林良吏(トヨタ自動車)。競合必至の選手の一人だ【写真は共同】

 直前に迫った2020年ドラフト会議。「大学生に有力選手がそろう」という声が挙がる中、進学が確実視されていた超高校級投手・高橋宏斗(中京大中京高)がプロ入りを宣言したことでドラフト戦線が一転。役者がそろった今、敏腕として鳴らす苑田聡彦スカウト統括部長(広島東洋カープ)と米村明アマスカウトチーフ(中日ドラゴンズ)は、上位指名候補に挙がる選手をどのように評価しているのか。


 第3回は、「社会人・独立リーグ投手」編。即戦力投手はどの球団も喉から手が出るほど欲しい補強ポイント。中でも1位競合が予想される社会人No.1右腕・栗林良吏(トヨタ自動車)は、2人の敏腕スカウトが太鼓判を押すほどの逸材だ。そして、栗林に続く高い評価を得ている即戦力投手は誰なのか……。

栗林良吏(トヨタ自動車/177cm、80kg、右右)

苑田スカウト「今年投球に磨きがかかり、完成度の高さが魅力」


 早川隆久投手(早稲田大)、佐藤輝明内野手(近畿大)、高橋宏斗投手(中京大中京高)と並んで、今ドラフトで競合になるだろう選手です。151キロの球速、キレ、コントロール、球種の豊富さ、すべて良く、完成しています。それに加えてピッチングの組み立てがうまいです。例えば、インコースに投げて、相手打者が自分のタイミングで振ってファウルチップをする。そこで「このバッター、タイミングが合ってるな」と気付くと、違うところに投げたり、タイミングを外したりってことがちゃんとできます。


 正直、社会人1年目の昨年はあまり良い印象はなかったんです。でも、今年に入って良くなりましたね。聞いた話では、社会人野球で長年活躍している佐竹功年投手(トヨタ自動車)や、プロ野球経験のある細山田武史捕手(元横浜DeNAほか、現トヨタ自動車)が、栗林投手に野球に対する考え方や取り組み方に始まり、ピッチングの組み立てなど、いろんなことを伝えていったことで、彼自身、ピッチングもメンタルも変わっていったとか。それが、成長につながってきたようです。


米村スカウト「社会人2年目に大きく成長し、今は無双状態」

瀬川ふみ子

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント