IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人は「未来のエース候補」を獲得したい
セ6球団に推薦したいドラフト候補たち

アプリ限定

 プロ野球に続き、ようやく本格的に公式戦がスタートした今年のアマチュア野球。プロ入りを目指す選手にとっては少ない機会でのアピールが必要になってくるが、短い期間で評価を上げてきた選手も少なくない。まだここから浮上してくる選手が登場してくることも十分に考えられるが、現在指名が有力と見られている候補の中から、各球団におススメの選手をピックアップしてみたいと思う。今回はセ・リーグの6球団だ。

巨人は「将来のエース候補」を

エース・菅野の後釜を探したい巨人。世代屈指の右腕である高橋は狙いどころだ
エース・菅野の後釜を探したい巨人。世代屈指の右腕である高橋は狙いどころだ【写真は共同】

 現在順調に首位を走る巨人。過去2年間は将来を見越して高校生を中心に指名し、その中から早くも戸郷翔征が主力となりつつある。中堅にはある程度選手がそろっているだけに、今年も将来性を重視した戦略が妥当と言えるだろう。優先度が高いのは菅野智之の後釜となるエース候補だ。昨年も堀田賢慎、太田龍と大型右腕二人を上位で指名しているが、どちらも“0か100か”というタイプであるため、ある程度完成度も備えたスケールの大きい投手を獲得したいところだ。


 そうなると筆頭候補となるのが高橋宏斗(中京大中京)だ。昨年秋までは抑えながらもストレート、変化球ともにバラツキが目立ったが、最終学年で見事な本格派へと成長を遂げた。総合力では昨年の奥川恭伸(星稜→ヤクルト)と比べても遜色ないレベルなだけに、プロ志望となればぜひ狙いたいところだ。野手では湯浅大が成長を見せているが、やはり坂本勇人の後継者となるショートが欲しいところ。今年は有力候補が多いが高校生であれば土田龍空(近江)の守備力が光る。ある程度高い順位の枠を使ってでも狙いたい選手だ。

西尾典文
西尾典文

1979年、愛知県生まれ。大学まで選手としてプレーした後、筑波大学大学院で野球の動作解析について研究し、在学中から技術解析などをテーマに野球専門誌に寄稿を開始。修了後もアマチュア野球を中心に年間約300試合を取材し、全国の現場に足を運んでいる

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント