IDでもっと便利に新規取得

ログイン

倉敷保雄×下田恒幸の人気実況アナ対談
「中村憲剛は現時点でも一流の解説者」

アプリ限定

優秀なフットボーラーに共通するのは「記憶力」の良さ。両アナウンサーが感服する名波浩氏はもちろん、現役では中村憲剛の記憶力が群を抜く。未来の名解説者候補だ
優秀なフットボーラーに共通するのは「記憶力」の良さ。両アナウンサーが感服する名波浩氏はもちろん、現役では中村憲剛の記憶力が群を抜く。未来の名解説者候補だ【Getty Images】

 人気実況アナの倉敷保雄氏と下田恒幸氏が、サッカー解説者を語り尽くす対談。アナウンサーと解説者との関係性、タイプ別の持ち味の引き出し方など、後編の今回も興味深い話がぎっしりと詰まっている。そして、「今後、解説者になってほしい人は?」との質問には、あの現役選手の名前が──。

サッカーの見方をミスリードしないように

──解説者に気持ちよくしゃべってもらうための仕込みも大変ですね。


倉敷 でも、こちらも助けられているんですよ。僕らの仕事って、相撲の立行司に近いんですね。どっちが勝ったって一発で言わなきゃいけない。そうすると差し違えるわけですよ。僕の場合はしょっちゅうあるんですけど(笑)、そんな時にたとえば水沼さんだと、「行司が差し違えた」という部分は抜いて、間違えたところをパッと差し替えて解説してくれるわけです。これは本当にありがたい。もちろん、顔から火が出るほど恥ずかしいんですけどね(笑)。


下田 貴史さんがすごいのは、間違えないところ。倉敷さんが言うように、実況は瞬間の勝負だから、オン・ザ・ボールでパスを受けた選手の名前を言っていかなきゃいけない。その作業ではミスも当然起こりうるんです。もちろん精度が落ちないように工夫はしていますけど、間違いはやっぱりあるわけです。そんな時、瞬時に正しい選手の名前を言ってくれるのって、貴史さんが一番なんですよね。あとは戸田さんも。この2人みたいに、こぼれ球をしっかり拾ってくれる解説者はめちゃくちゃありがたいですね。


──組まれる機会はないかと思いますが、松木安太郎さんの解説はどんな風にご覧になっていますか?


倉敷 松木さんはおそらく、サッカーの1から10までわかってらっしゃる方で、テレビ朝日が要求するバイアスというものを十分に飲み込んだ上で、ああいうイメージを作られているんだと思うんです。僕は松木さんに対する批判は一切ないんですけど、ただ、もし制作サイドに要望ができるのなら、松木さんがある程度暴走した時に、きちんとフォローする形を取ってほしいなと。松木さんが「ファウルだろ!」と言ってそのままにしておいたら、見てる人はレフェリーがおかしいんじゃないかと思い込んじゃうかもしれない。そこをフォローしておかないと、サッカーの見方をミスリードしてしまう可能性があるんじゃないかと心配になるんです。


──コンビを組む中山雅史さんが、いわゆるストッパー役になっていませんか?


倉敷 そこはアナウンサーがやるべきかな。トータルのバランスを考えるのはアナウンサーの仕事ですし、テレビ朝日には優秀な方がそろっているわけですから。ひと言踏み込むか、あるいは踏み込めないのだとしたら、ディレクターと話し合うべきだと思いますけどね。地上波の番組は影響力が大きいので、日本のサッカー文化全体というところを考えても、一緒にリテラシーを上げる努力をしてほしいですね。


下田 倉敷さんがおっしゃった要素がないと、松木さんがただの滑稽な人になっちゃう。でも松木さんは、これも倉敷さんが言われたように、1から10までわかった上で1とかゼロをやれる人なんですよ。監督としてJリーグで優勝経験もあるような方が、実はあえてそういう風にやっているんだっていうベースを忘れずに、松木さんがピエロに見えないような繊細な対応をしていく意識は大切かな、とは思いますね。自分が送り手側になったとすれば、たぶん事前にディレクターと申し合わせや確認を丁寧にするでしょうね。


倉敷 テレビ朝日の松木さんがやるああいう中継は、まだ日本には早いんですよ。サッカーが成熟していて、見る側が「あのオヤジ、また面白いこと言ってるな」くらいに思えるようなブラジルみたいな国だったら、好き嫌いはあっても成立すると思います。

良い解説者が良い実況を育ててくれる

倉敷アナが凄みを感じた3人の解説者の中の1人が、元日本代表監督のザッケローニ。「戦術面の定石や戦法を数限りなく知っているから、先が読める」という
倉敷アナが凄みを感じた3人の解説者の中の1人が、元日本代表監督のザッケローニ。「戦術面の定石や戦法を数限りなく知っているから、先が読める」という【写真:ロイター/アフロ】

──ジャーナリストの方と組まれる時は、やはりスタンスを変えていくわけですか?


倉敷 たとえば粕谷(秀樹)さんだったら、マンチェスター・ユナイテッドが好きだから『マンチェスター・イブニングニュース』を中心に読んでくるだろうなって考えて。そうすると、こんな話がしたいんじゃないかっていうのはなんとなくわかりますし、親しい関係だからこそ、あえて意地悪な質問をぶつけることもあります。


下田 それができるのはすごい(笑)。


倉敷 ベン(・メイブリー)さんは、本当に何から何まで勉強してる。ただオリジナルはイギリス人ですから、日本語でコンパクトにまとめて話すのに少し時間がかかってしまう。だから事前に、今日はどんな話がしたいかを聞いておくんです。そして、どこかで試合が緩んだ時にまとめてその話をしてもらう。そういうことをするのは、ジャーナリスト系の人だけですね。


──では、「凄みを感じた」解説者っていますか?

吉田治良、飯尾篤史

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント