IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石橋貴明が語る! 高校野球名勝負
石橋貴明が見続けてきた母校・帝京の戦い
「89年夏の決勝は大変だった!」

アプリ限定

帝京高校野球部出身の石橋貴明。伝統の“帝京魂”は今もなお、受け継がれている
帝京高校野球部出身の石橋貴明。伝統の“帝京魂”は今もなお、受け継がれている【水上俊介】

 高校野球が好きな石橋貴明さんに「夏の甲子園・名勝負ベスト3」の選定をお願いするも、あまりにも思い入れが深すぎて順位付けが困難に。それなら春のセンバツも含め、印象に残っている名勝負に名選手、すべて語ってもらいましょう! 第4回はタカさんの母校にして、今夏の東東京大会を制した名門・帝京の戦いを振り返ります。(取材日:2020年7月24日)

夏の決勝に進むと、甲子園で現地観戦

――タカさんは実際に甲子園で観戦することもありますか?


 テレビ観戦が中心ですね。僕の母校・帝京高校が優勝した1989年夏と95年夏の決勝戦の2試合は、甲子園に見に行きました。


――89年は吉岡雄二投手を擁して、仙台育英に延長で勝利。95年は2年生の白木隆之投手、3年生の本家穣太郎投手の二枚看板で星稜を下して、全国制覇を成し遂げました。


 帝京が夏の決勝まで勝ち進めば、甲子園に見に行くことにしています。あと、2019年の第101回大会は『朝日新聞』の観戦記の仕事で、24年ぶりに甲子園に行きました。それがたまたまなんですが、仙台育英と星稜の準々決勝だったんです。89年夏、95年夏の決勝における、帝京の相手校です。「野球の神様っているんだな」と思いました。


――すごい巡り合わせですね。甲子園ではアルプス席で観戦したんですか?

大利実

1977年生まれ、横浜市出身。大学卒業後、スポーツライター事務所を経て独立。中学軟式野球、高校野球を中心に取材・執筆。著書に『激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち』(インプレス)、『高校野球継投論』(竹書房)、『高校野球界の監督がここまで明かす! 打撃技術の極意』(カンゼン)、『部活はそんなに悪者なのか!? 脱ブラック部活! 現役教師の挑戦』(インプレス)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント