IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“追っかけ”になるほど惚れた投手とは?
中畑清イチオシの注目選手パ・リーグ編
監督に「使ってみたい」と思わせるほどのピッチャーと中畑清氏が語った千葉ロッテ・佐々木朗希
監督に「使ってみたい」と思わせるほどのピッチャーと中畑清氏が語った千葉ロッテ・佐々木朗希【写真は共同】

 6月19日にようやく2020シーズンのプロ野球が開幕します。待ちに待った開幕直前のタイミングで、「絶好調!」でおなじみの中畑清さんに今シーズンのプロ野球について思うままに語り尽くしてもらいました。最終話では今シーズンの活躍が期待されるパ・リーグの注目選手をあげてもらいました!

ロッテ・佐々木朗希のストーカーに!?

――パ・リーグで期待の選手、中畑さんの気になる選手はどなたでしょうか?


 今年のキャンプ、実はセ・リーグよりパ・リーグばかり見ていたんですよ。千葉ロッテの佐々木朗希。彼を見るために石垣まで3回も行ったもん。そのくらい見せつけられたというか、実力のあるピッチャーと出くわした感じ。思った以上にスケールの大きなピッチャーだよね。もしかしたら170キロも夢じゃないかも、と思わせてくれた。これから球界をどう引っ張っていってくれるか、野球ファンをどこまで増やしてくれるか、そこまで期待を広げてしまったね。4回目はZOZOマリン。シートバッティングで投げるところを見たんだよ。完全に佐々木朗の追っかけでね。最後の最後は、「また来ているんですか」みたいな感じで、ちょっと嫌がられたけどね(笑)。


――それはないですよ! 東北の大先輩じゃないですか(笑)。


 そうなんだけど、ちょっとストーカーっぽかったからね、俺(笑)。それに、俺が同じ東北出身(中畑さんは福島、佐々木朗は岩手出身)だって、あいつに伝わっていないと思うんだよ。俺があか抜け過ぎたせいかもしれん(笑)。


――ファンとしては、佐々木朗投手をさっそく一軍で見たいところですが……。


 私は、1カ月ぐらい下で投げさせるんじゃないかと思っていたけどね。でも以前聞いたところでは、状況次第で「開幕から」という考えも井口(資仁)監督の中に出てきていたみたい。新型コロナで3カ月、開幕が延びたことも、大きな要因だね。この間に、プロとしての練習方法、体の鍛え方やコンディショニングも身に付けて、いろいろ変わってきているだろうし。吉井(理人)投手コーチは、「じっくり行かせたい」気持ちがあると思うんだよ。でもキャンプのときは、吉井も「早まるでしょうね」と言っていた。だって、最初は監督のほうが「シーズン後半にデビューさせる」ような話をしていたんだよ。今じゃあ逆転して、監督のほうが「早く使いたい」と気持ちがはやっているんじゃないかな。


――監督に「使ってみたい」と思わせるほどのピッチャーなんですね。


 そうそう。だから練習試合の間に登板する可能性があると思って、メッチャ楽しみにしていたんだけどね。それはなくなったみたいだね。本番に先発で長いイニングを投げさせるつもりなら、5回以上のイニングをある程度、経験させておかなきゃいけない。まだちょっと準備の時間が必要になるよね。いくら即戦力級の力があっても、どこかで無理して投げさせて万が一、ケガでもしたら千葉ロッテだけの問題じゃないですよ。球界の宝なんだから。

楽天・小深田大翔は20本塁打以上を期待できる!

キャンプ、オープン戦と各球団を視察した中畑氏の目に留まったパ・リーグの注目選手とは?
キャンプ、オープン戦と各球団を視察した中畑氏の目に留まったパ・リーグの注目選手とは?【写真提供:ドリーム24】

――野手では誰か面白い選手はいましたか?


 東北楽天のドラフト1位、小深田大翔かな。ポジションは違うけど、同じ大阪ガス出身の、阪神・近本(光司)に似たタイプだなと思ったよ。体は小さいんだけど、ものすごくスケールの大きなバッティングをしてね。テクニックもパワーもある。これは魅力ですよ。加えて、スピードもあるから。


――それは楽しみですね。


 これはちょっと見逃せないんじゃないかな、と。ぜひ使ってほしいんだけど、彼の本職・ショートには茂木(栄五郎)がいるからね。ポジションの問題はあるけれども、社会人出の即戦力なんだから、1年目からどんどん使ってみてほしい。そうしたら、20本以上打つんじゃないかなと思うよ。楽しみでしょ、小さな体にパンチ力って。


――近本選手は身長171センチ、小深田選手は168センチですね。


 小深田、そんなにある(笑)? まあ、でも野球界って、小さい選手は不利みたいに言われてきたじゃない。親御さんが「ウチの子は小さいから、プロ野球選手は無理です」って責任感じちゃったりしてね。でも、近本や小深田みたいな選手が出てきてくれると、夢が広がるし、実際プロ野球選手の幅も広がると思うのよ。チビッ子たちの目標になれるよう、頑張ってほしいね。

ソフトバンクの日本シリーズ4連覇はほぼ確定!?

バレンティンの加入でさらに戦力が増したソフトバンクの四連覇は堅いという
バレンティンの加入でさらに戦力が増したソフトバンクの四連覇は堅いという【写真は共同】

――そういえば、昨年巨人にいたビヤヌエバ選手が今季、北海道日本ハムに移籍。打線のキーマンになりそうですが、キャンプでご覧になりましたか?


 それが見ていないんですよ。でも日本で育つ選手なのかな、という感じだよね。巨人から日本ハムに行った選手は結構、いい仕事するでしょう。栗山(英樹)監督の育て方がうまいんじゃないの。大田(泰示)にしてもそうだよね。大田のときも、私は栗山監督に聞いたんですよ。「あれだけ巨人でモノにならなかった選手で、大丈夫か?」と。そうしたら栗山監督、「最高の能力があると思いますよ。いい選手をもらいました」って言うから、「能力はあるけど、それを花開かせるのが大変なんだよ、普通は」って俺、言っちゃったの。結果、栗山監督が花開かせたからね。


――北海道の広い大地と温かいファンに囲まれて、伸び伸びやれたのもよかったのではないかと。


 そうそう。性格的にも合っていたんだろうね。俺もずっと北海道で、まあ俺の時代は札幌市円山球場だったけど、あそこでできたら、四冠王ぐらい取れていたと思うよ。俺もああいう場所が大好きでね。血がカントリーボーイなんだよ。自称・『ラテン系東北人』だけどね(笑)。


――しかし、パ・リーグは今年も福岡ソフトバンクが強そうですか?


 もう無条件でソフトバンクだろうね。昨年だって、なんであそこが2位だったんだろうっていうぐらい。少々選手がいなくたって、間違いなくぶっちぎりで優勝しますよ。控えの選手が、控え以上のことをするから。


――グラシアル、デスパイネの両外国人選手が来日のメドが立っておらず、開幕には間に合わないようですが……。


 それぐらいでちょうどいいよ。他の球団がいい試合できるでしょう。でも、ソフトバンクは代わりにバレンティンがいるからなあ。1人で2人分ぐらい、仕事するんじゃないかな。もう何も言うことないわ。「王(貞治)会長、よかったですね。日本シリーズ4連覇おめでとうございます」って、先に言っておきますよ(笑)。


(企画構成:株式会社スリーライト)

中畑清(なかはた・きよし)

【写真提供:ドリーム24】

1954年1月6日生まれ。福島県出身。駒澤大学では「駒大三羽ガラス」の一人として注目され、1975年のドラフト会議で読売ジャイアンツから3位指名を受け、翌年に入団。第45代の4番打者を任せられるなど“絶好調男”として頭角をあらわし、球史に残る人気選手のひとりとして読売ジャイアンツの数々の優勝に貢献した。また安定した守備を見せ、1982年より7年連続でゴールデングラブ賞を受賞。1985年より労働組合・日本プロ野球選手会初代会長に就任。1989年に現役を引退後、読売ジャイアンツ打撃コーチなどを経て、2004年アテネオリンピック野球日本代表ヘッドコーチ兼監督代行として銅メダルに導いた。2012年〜15年横浜DeNAベイスターズ監督を務めた。現在は野球解説者、野球評論家として活躍している。

前田恵

1963年、兵庫県神戸市生まれ。上智大学在学中の85、86年、川崎球場でグラウンドガールを務める。卒業後、ベースボール・マガジン社で野球誌編集記者。91年シーズン限りで退社し、フリーライターに。野球、サッカーなど各種スポーツのほか、旅行、教育、犬関係も執筆。著書に『母たちのプロ野球』(中央公論新社)、『野球酒場』(ベースボール・マガジン社)ほか。編集協力に野村克也著『野村克也からの手紙』(ベースボール・マガジン社)ほか。豪州プロ野球リーグABLの取材歴は20年を超え、昨季よりABL公認でABL Japan公式サイト(http://abl-japan.com)を運営中。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント