連載:コロナ禍が高校・大学・Jクラブに与える影響

高校サッカー有力3選手に思いを聞く インハイ中止をどう受けとめたのか?

吉田太郎
 コロナ禍の現在、高校生活最後の年を過ごす3年生の選手たちは、どんな思いを抱いているのだろうか。夏のインターハイ中止をどう受け止め、冬の選手権や自身の進路についてどう考えているのか。青森山田高の藤原優大、昌平高の須藤直輝、静岡学園高の田邊秀斗。高校サッカー界を代表する有力プレーヤー3人に話を聞いた。

※リンク先は外部サイトの場合があります

逆境にもブレない精神的な強さ

3冠達成という大目標は、インターハイ中止により戦わずしていきなり望みが絶たれてしまったが、藤原擁する青森山田は気持ちを切り替えて前に進む 【Photo by Etsuo Hara/Getty Images】

●藤原優大 (ふじわら・ゆうだい)
(青森山田高3年/DF)
[出身地]青森県
[生年月日]2002年6月29日
[身長・体重]182cm・70kg
[経歴]青森山田中→青森山田高
[代表歴]U-15、U-17、U-18

 青森山田高校(青森)のU-18日本代表DF藤原優大(3年)は、今年度の高体連で“最強”のセンターバックだ。昨年度は2年生ながら堅守・青森山田の最終ラインの柱としてプレミアリーグファイナルで優勝し、全国高校選手権でも準優勝。182センチの長身に加え守備センスが非常に高く、その動き、落ち着きからゲームを支配しているかのような印象も受けるDFを巡っては、現在、複数のJ1クラブによる争奪戦が繰り広げられている。

 今回のコロナ禍によってインターハイが中止となり、藤原、また青森山田にとっての目標がひとつ失われた。

「自分たちが目標としていた3冠が試合もせずになくなってしまいました。全力で目指していたので、相当ショックでした」

 史上初となるインターハイ、選手権、プレミアリーグの3冠という大目標。新型コロナウイルスで苦しんでいる人々、命を落としている人々もいる中で、スポーツを優先するべきではないことは理解しているが、インターハイでの全国制覇を仲間たちと本気で目指していただけに、悔しさはある。

 コロナ禍は自身の進路決定にも影響を及ぼしているようだ。

「早めに(入団する)チームを決めさせてもらって、自分の進路をイメージしながらサッカーをしたいと思っていました」

 プロ1年目から活躍するため、早い段階で進路を一本化する考えだったが、高校もJクラブも活動がストップしている中では決断に至っていない。自分自身の悩みももちろんあるが、同級生たちは公式戦でJクラブや大学へのアピールができない状況。だからこそ、チームリーダーは不安を抱える他の3年生たちを気遣っていた。

 青森山田では自主練習期間を経て、ゴールデンウィーク明けから全体練習を80分間限定で再開。5月末時点でも分散登校が続くなど、まだ日常が戻ってきたわけではないが、首都圏をはじめ、全国の多くの地域では学校再開、活動できていないサッカー部も多いだけに、「サッカーができる環境に感謝して、練習時間の中で集中してやろう」と話し合って一日一日を大事に練習している。

 青森山田の強さは我慢強さ、逆境にもブレない精神的な強さにある。「(活動が再開され)みんなももう1回頑張ってサッカーをやろうという気持ちになっていると思います。インターハイはなくなりましたけれども、(可能なタイトルを全て獲得して)目標の3冠により近づけるように全員で頑張って行こうと話しています」

 藤原が安心感をチームに与え、全員でコロナ禍を乗り越える。

1/3ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント