IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新日本のトップを目指していなかった?
蝶野正洋がヒールに転向した理由

アプリ限定

第10回

プロレス界に一大ブームを巻き起こしたヒールユニット「nWo JAPAN」。リーダーとしてユニットをけん引した蝶野はどのような思いでヒールへの道を進んだのか
プロレス界に一大ブームを巻き起こしたヒールユニット「nWo JAPAN」。リーダーとしてユニットをけん引した蝶野はどのような思いでヒールへの道を進んだのか【Photo by Etsuo Hara/Getty Images】

 誰でも、王道を歩きたいものだと思う。だけど、それは、自分の中でそう思えればいいのであって、仕事上の立ち位置は、必ずしもそうでなくていいと俺は考える。

 それよりも、その道が自分に合っているかどうか、その方が何倍も大事だ。


 俺は1994年8月に、反体制側に回って、それから1997年、nWo JAPAN一派を結成。以降は、TEAM2000やブラック・ニュージャパンという勢力で戦ってきた。でも、ありきたりで薄っぺらなヒール(悪役)という意識ではなかった。俺たちは、「野党」だという気持ちがあったんだ。


 でも、勘違いしないでほしいのは、「いつか政権を奪取してやる!」と思って戦っていたわけでもないってこと。今だから言えるんだけどさ。

 最近、政治を見てても思うんだけど、与党というのは、「こうあるべきだ」というものを提唱していくよね。俺の考えでは、そこにある間違いを指摘していく奴が野党なんだ。そして、俺らは新日本プロレス時代に、そういう立場だったと思う。

 心臓をのっとる気はない。だって、もしそうするなら、与党側に入った方がスムーズにいくからね。そこで、のし上がっていけばいい。

 そうじゃなくて、与党の間違いについて訴えていく。それが、俺が90年代半ばから選んだ生き方だった。プロレスという仕事においてね。

「えっ新日本でトップになる気なかったんですか」と聞かれたら、ズバリ言って、「はい」と答えるしかないね。

 俺の経験上、必ずしも一番上を目指すことが、仕事において正解ではないということは伝えておきたいんだ。

野党になるのも、意義ある仕事

 その理由を説明しよう。

 新日本の場合、与党のトップがIWGPチャンピオンということになっている。指標としてそれがあるのはわかりやすい。つまり新日本のトップ像だよね。そして、少なくとも俺らの時代、その象徴はアントニオ猪木さんだった。新日本の創設者だし、それはファンも含め、みんながわかっていた。だから、トップの人たちは、みんな猪木さんになろうとした。

 たとえ本人の意識がそうじゃなくとも、ファンやマスコミを含め、周りがそう見てしまう。「こいつは猪木と比べてどうなんだ」と。

蝶野正洋

1963年生まれ。2歳までアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで過ごし、東京都三鷹市で育つ。1984年、新日本プロレス入門。同年10月5日、武藤敬司戦でデビュー(武藤にとってもデビュー戦)。1991年、第1回G1クライマックスで優勝し、その後V5達成。1992年、第75代NWAヘビー級王座を奪取。1996年にはnWoJAPAN設立し一大ムーブメントを起こす。1998年IWGPヘビー級王座獲得。2010年2月に新日本プロレスを離れ、それ以降フリーランスとして活動。1999年12月にはオリジナルブランド「アリストトリスト」を設立し、代表取締役を務める。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント