IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州チャンピオンズリーグ2019-20
ナポリ対バルサのキーマンはファビアン
恩師セティエンに“最高の恩返し”なるか

アプリ限定

 まだ23歳の若さながら、ナポリの大黒柱として君臨し、スペイン代表の中盤にも不可欠な存在となったファビアン・ルイス。強靭(きょうじん)なフィジカルと高度なテクニックを兼備する大型MFは、いまや多くのビッグクラブが獲得を狙う、逸材中の逸材である。そんなファビアンがスターダムを駆け上がる足掛かりを作ってくれたのが、ベティス時代の恩師で、現在はバルセロナを率いるキケ・セティエン監督だ。現地時間2月25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16で、ナポリが格上のバルサを倒すためには、ファビアンが師セティエンに“最高の恩返し”をする必要がある。

ターニングポイントは17年のマドリー戦

189センチの長身ながら、足もとのテクニックが確かで、プレーメイクのみならずフィニッシャーとしても優秀なファビアン。バルサ戦のカギを握る存在だ
189センチの長身ながら、足もとのテクニックが確かで、プレーメイクのみならずフィニッシャーとしても優秀なファビアン。バルサ戦のカギを握る存在だ【Getty Images】

 2017年の1月、ファビアン・ルイスはスペイン2部のエルチェにレンタルで加入した。そして、そこで半年間プレーした後、古巣のベティスに復帰する。この武者修行が、ファビアンが一皮剥けるきっかけになったと語るのは、彼の代理人のアルバロ・トーレスだ。


「エルチェでの経験は、ファビアンを選手としても1人の人間としても大きく成長させた。その環境の変化が、8歳からベティス一筋だった彼の精神的成熟とパーソナリティーの確立を促したと言ってもいい。ファビアンはエルチェで自信をつかんだんだ」


 もっとも、飛躍を遂げた(18試合・1得点)と言ってもあくまで2部での話だ。ベティスに復帰当初、この年の夏に新監督に就任したキケ・セティエンの下、野心的なプロジェクトを立ち上げたばかりのチームに、ファビアンの居場所はなかった。当時のチームメイトで、現在はアラベスに在籍するMFビクトル・カマラサが振り返る。

セルヒオ・サントス・チョサス(AS紙)

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント