IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライオンズ黄金時代同窓会
森西武、圧倒的な強さの要因は?
渡辺GMと辻監督が感じる昔と今の違い

アプリ限定

8度のリーグ優勝、6度の日本一と圧倒的な強さを誇った森ライオンズ。左から東尾修、石毛宏典、森祇晶監督
8度のリーグ優勝、6度の日本一と圧倒的な強さを誇った森ライオンズ。左から東尾修、石毛宏典、森祇晶監督【写真は共同】

 4年間で3度のリーグ優勝、2度の日本一となった西武ライオンズ。その第一次黄金期を築いた広岡達朗監督が辞任し、1986年から新たに森祇晶監督がチームを率いた。広岡時代の厳しい指導の中で力を大きく伸ばしたチームは、まさに無敵。森監督時代の9年間で8度のリーグ優勝と6度の日本一を達成する第二次黄金期を謳歌(おうか)した。オースルターさながらの面々がひとつのチームに顔をそろえ、圧倒的な強さを誇り、その間の勝率は6割0分6厘であった。

森時代の到来、強さの理由

――根本監督から広岡監督ときて、森監督の時代になります。1986年から94年の9年間で8度のリーグ優勝、6度の日本一と圧倒的な強さを見せました。広岡さんから森さんに代わったときはいかがでしたか?


石毛 86年から森さんが監督になりましたが、その前の1年間はチームにいませんでした。それまでコーチを務めていたのが外れていた。それで1年ぶりに戻ってきた形になり、それまでは嫌われ役だったが、戻ってきたら別人のように選手との対話を重視するようになった。


東尾 そうそう。なんかもう、気持ち悪い感じだったよ(苦笑)。


石毛 でも、そこで清原(和博)が入って、話題も集めた中でいきなり優勝した。9年間で優勝できなかったのは1年だけで、日本一は6回ですからね。やっぱりすごかった。


――それほど強かった要因は、どのようなところにありましたか?

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント