IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ライオンズ黄金時代同窓会
渡辺久、辻が指名された83年ドラフト秘話
広岡監督が気づかなければ…?

アプリ限定

1983年にリーグ連覇を達成。日本シリーズでは巨人を下し2年連続の日本一に輝く
1983年にリーグ連覇を達成。日本シリーズでは巨人を下し2年連続の日本一に輝く【写真は共同】

 福岡から埼玉へと移転し、西武ライオンズとなって4年目の1982年に、根本陸夫氏のあとを受けて広岡達朗氏が監督に就任。選手たちの食生活の改善からスケジュール管理、集団行動の規律を重んじた「管理野球」で徹底してチームを改革し、根本監督が言い残した「勝つ野球」を実現。ここから西武の黄金時代が始まった。その中で、すでにベテランだった東尾修、プロ入りすぐに中核を担った石毛宏典、さらに広岡時代にドラフト指名を受けた辻発彦、渡辺久信は、その時代をどう過ごし、どう振り返るのか。

厳しい練習の中で構築されたもの

――広岡監督1年目の1982年、実に24年ぶりとなるリーグ優勝を果たしました。そしてその翌年も優勝して、日本一にも2年連続でなりました。ここから黄金時代が始まりました。


石毛 最初が中日で、その次が、巨人が相手でしたね。


東尾 辻はいつ入って来たんだっけ?


 84年からですね。83年のドラフトです。(渡辺を指して)僕たち二人は。


東尾 同期なの!?


渡辺 そうですよ。僕が1位指名です。

1983年のドラフト1位で指名された渡辺久信(右)と2位で指名された辻発彦(左)
1983年のドラフト1位で指名された渡辺久信(右)と2位で指名された辻発彦(左)【写真は共同】

――辻さんは広岡監督について、どのようなイメージを持って入ってきました?


 石毛さんと一緒ですよ。でも僕の場合は、広岡さんの下で野球をやりたいと思って入って来ましたから。


石毛 へぇ! そうなんだ!?


 広岡監督が厳しいというのは聞いていましたけど、自分にはそういう厳しいところが良いかなって思って。僕の親父がライオンズファンっていうのもあったし、(社会人時代に)住んでいたところもずっと浦和だったので……。西武入りが決まったときは、監督には「石毛についていけよ!」って言われましたよ。ずっとサードでしたけど、「次のセカンドは辻だ!」って、「石毛と良い二遊間になるから」って言われて入りましたね。


東尾 スカウトは誰だったの。


 長谷川さんですね。


石毛 長谷川一夫! (編注:1981年に現役を引退。引退後は06年まで西武のスカウトを務めた)


渡辺 僕も長谷川さんでした。僕も高校が群馬で、同じ関東だったんで……。僕の場合は「東尾さんがもうそろそろだから」って言われました。


東尾 ちょ、ちょっと待ってよ!


一同 はははは(笑)


石毛 でも東尾さんは、そこからしぶとかったからね(笑)。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント