IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世代随一の逸材・西川潤だけじゃない
注目すべきJリーグの高卒ルーキー8選

アプリ限定

 この世代随一の逸材と呼ばれ、すでに今夏の欧州移籍が既定路線とも言われる西川潤(桐光学園高→C大阪)だけではない。1月の全国高校サッカー選手権大会決勝でしのぎを削った松村優太(静岡学園高→鹿島)と武田英寿(青森山田高→浦和)など、今年Jリーグ入りする高卒ルーキーには他にも優良株が少なくない。ここでは「J1の即戦力ルーキー」、「2〜3年後に台頭しそうなルーキー」、「大化けする可能性を秘めたルーキー」、そして「J2の即戦力ルーキー」の4つの項目に分け、それぞれ注目すべきタレントをピックアップしていく。

J1の即戦力:西川潤(C大阪)&荒木遼太郎(鹿島)

【西川潤のプロフィール】

桐光学園高→セレッソ大阪/MF

2002年2月21日、180センチ・70キロ、神奈川県出身

昨季、C大阪の特別指定選手としてJリーグデビューを飾った西川。すでに今夏の欧州挑戦を視野に入れているとも
昨季、C大阪の特別指定選手としてJリーグデビューを飾った西川。すでに今夏の欧州挑戦を視野に入れているとも【Getty Images】

 高卒ルーキーの即戦力と言えば、真っ先に思い浮かぶのが西川潤だ。


 すでに昨年4月にセレッソ大阪の特別指定選手としてJデビューを済ませた逸材は、同年秋に行われたU-17ワールドカップ(W杯)でも違いを見せつけている。高精度の左足と圧巻の突破力、そして一人で試合を決定付けてしまう勝負強さ──。注目度は今年のルーキーの中でも一番と言っていいだろう。まだC大阪でのキャリアを本格的にスタートさせたばかりだが、早くも海外移籍のうわさがささやかれている。


 昨年は桐光学園高のキャプテン、そしてC大阪の特別指定選手としてプレー。さらに3月のU-20W杯は飛び級で出場、10〜11月のU-17W杯では主力を担うといった具合に、目まぐるしく置かれた立場と戦う環境が変わるなかで、コンディション調整に苦労したのは確かだろう。


 当然ながら、最後の高校選手権への出場を逃したのは悔しかったはずだが、その分しっかりと休養を取ってプロ生活に臨むことができたのは、この先の彼のキャリアを考えればプラスになるはずだ。コンディションさえ万全なら、多彩な引き出しを持ち、状況に応じて適切な選択ができるそのインテリジェンスの高さを、実質プロ1年目の今季から存分に見せつけてくれるに違いない。


 仮にうわさ通り、今夏に海外移籍をするにしても(バルセロナが獲得するとの情報も)、まずはC大阪の知将ロティーナのもと、J1でしっかりと経験を積むことだ。その上で、本人にとってもクラブにとっても良い形で、将来への道を切り開いてほしい。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント