IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大山加奈が選ぶ春高女子ベストシックス
「同級生の荒木絵里香を彷彿とさせる…」

アプリ限定

大山加奈さんが選ぶ春高ベストシックスは?
大山加奈さんが選ぶ春高ベストシックスは?【写真:田村翔/アフロスポーツ】

 東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで1月5日からはじまった「春高」こと、全日本バレーボール高等学校選手権大会。元日本代表の大山加奈さんに「将来性」という観点から春高バレー女子のベストシックスを選んでいただいた。

アウトサイドヒッター

宮部愛芽世(金蘭会)

 1年生から春高で優勝を経験、三連覇がかかる金蘭会のキャプテン。過去2年と比べて、キャプテンという立場が加わったことで、気持ちの強さ、勝負にかける強さがより感じられました。1年生の春高デビューが鮮烈だったので、攻撃面に関しては相手ブロックが2枚、3枚つくとそこでも決めきれるほどの圧倒的な力はまだ足りていない面もありますが、勝負所で「自分が決める」という意志の強さを感じました。


 昨年は3年生中心のチームで「先輩についていく」という状態から、今年はコートに入る3年生は宮部選手と児玉(光涼)選手の2人。なかなかチームがまとまりきれず、インターハイ、国体は苦しんできましたが、春高に向けてかなりチーム力も高まっています。何よりここ2年勝っている経験があります。宮部選手のリーダーシップも期待しています。

吉武美佳選手(金蘭会)は1年生ながら高さだけでなく、ストレート、クロスに打ち分ける技術を持つ
吉武美佳選手(金蘭会)は1年生ながら高さだけでなく、ストレート、クロスに打ち分ける技術を持つ【写真:田村翔/アフロスポーツ】

吉武美佳(金蘭会)

 まだ1年生ですが、181センチという高さだけでなく、ストレート、クロスに打ち分ける技術を持った素晴らしい選手。個人的にとても好きなタイプの選手です。私は高校1年の頃にはストレートへ打てませんでしたし、もっと緊張していたのですが、吉武さんは初戦から堂々としている。ストレートにいいスパイクを打ったかと思えば、サーブもいいのでサービスエースも取る。気持ちの強い選手という印象を受けました。

田中夕子

神奈川県生まれ。神奈川新聞運動部でのアルバイトを経て、『月刊トレーニングジャーナル』編集部勤務。2004年にフリーとなり、バレーボール、水泳、フェンシング、レスリングなど五輪競技を取材。共著に『海と、がれきと、ボールと、絆』(講談社)。『SAORI』(日本文化出版)、『夢を泳ぐ』(徳間書店)、『絆があれば何度でもやり直せる』(カンゼン)など、女子アスリートの著書や、前橋育英高校野球部・荒井直樹監督の『当たり前の積み重ねが本物になる』では構成を担当

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント