連載:村田諒太、“世界トップ戦線”に躍り出ろ

「カネロやゴロフキンにも決して…」 内山高志が語る、村田諒太・最大の武器

友清哲
アプリ限定

2018年2月に開催された、2017年・年間優秀選手表彰式の舞台上で笑い合う村田諒太(左から2人目)と内山高志さん(後列中央) 【山口裕朗】

 日本におけるボクシング世界王者として、歴代3位となる11回連続防衛の記録を残した元WBA世界スーパーフェザー級王者“ノックアウト・ダイナマイト”内山高志さん。アマチュア時代から村田諒太と交流を持つ内山さんが語る、村田の最大の武器とは――?

共にトップアマ同士だったプロ転向前

――村田選手とはアマチュア時代から交流があるとお聞きしました。最初に出会った時のことを覚えていますか?

 初めて会ったのは全日本選手権の会場で、僕が社会人1年目、村田がまだ高校生の時でした。向こうから突然、「内山さん、今回の大会は楽勝ですよね」と声をかけてきたんです。といっても、彼はすでに有名な選手でしたし、お互いに顔と名前は知っていたので、あまり初対面という感じはしなかったですけどね。

 高校生でこうして全日本選手権に出てくるのはすごいことだし、何より6つも歳上の大人を相手に気後れせず話しかけてくるくらいですから、「肝の座った選手だな」と感じたのを覚えています。

――村田選手は大学時代、当時の内山さんの所属ジムであるワタナベジムにもよく出入りしていました。手合わせをする機会も?

 彼が大学に進んですぐの頃は、たまに軽いマスボクシングをやっていました。当時からすごくセンスのあるボクサーでしたが、今のような前へ出るスタイルではなかったですね。当時の村田はどちらかというと、足を使ってジャブを突く、テクニシャンタイプだったんです。うちの重量級のプロたちとスパーリングをやっているのを何度か見ましたが、とにかくスピードもパワーも圧倒的だったのが印象的です。

――同じくトップアマとして活躍した内山さんの目には、オリンピックの金メダル、それも重量級のミドル級を制する日本選手の登場を、当時どのようにご覧になっていましたか?

 村田にはそれだけの力があると思っていましたけど、それでもミドル級ですから、やっぱり驚きましたよね。一つ言えるのは、ルールの変更は彼にとって大きかったと思います。以前は軽いジャブでもとにかく当てればポイントになったため、“触り合い”の得意な選手が有利な面がありました。それがルール変更後はダメージが重視されるようになり、村田の特性がいっそう生かされるようになった。

 村田はスピード重視の触り合いでも十分に強かったですけど、体の強さがより発揮できるのは現行のルールです。こういう流れを引き寄せるあたりも、やはり彼は持っていますよ。逆にルールが変わって勝てなくなってしまった選手も実際にいますからね。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

友清哲

1974年、神奈川県生まれ。大学在学中にボクシングのプロライセンスを取得し、編集プロダクション勤務を経てフリーライターに。主な著書に『この場所だけが知っている 消えた日本史の謎』(光文社知恵の杜文庫)、『一度は行きたい「戦争遺跡」』(PHP文庫)、『物語で知る日本酒と酒蔵』『日本クラフトビール紀行』(ともにイースト新書Q)、『怪しい噂 体験ルポ』『R25 カラダの都市伝説』(ともに宝島SUGOI文庫)ほか。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント