東邦はノーシードから春夏連覇狙う
地方大会の有力校を分析、東海編
ドラフト候補の東邦・石川は三塁手を中心に夏の大会へ臨む
ドラフト候補の東邦・石川は三塁手を中心に夏の大会へ臨む【写真は共同】

 南北海道と沖縄を皮切りにいよいよスタートした夏の高校野球・地方大会。連日どのような熱戦が繰り広げられるのだろうか。高校野球ライターの松倉雄太さんに全地区の戦力を分析してもらい、今夏の有力校を占っていく。第2回は東海編。


(編集部注:校名の横の記号は◎が本命、○が有力、△が要注意校)

静岡

◎常葉大菊川

〇静岡

△浜松商


 秋春の県大会で上位の顔ぶれが大きく変わる混戦模様。連覇を狙う常葉大菊川は、昨夏の甲子園で本塁打を放った伊藤勝仁(3年)が打線の中心に座り、伝統になってきたフルスイングで今年も魅了する。カギは投手陣だ。


 春優勝の浜松商と、ノーシードの静岡が同じブロックに入った。両校が勝ち上がれば、3回戦で遠江と駿河の雌雄をかけた戦いが見られそう。シード校の静岡商も初戦で静岡学園と対戦する可能性があり、興味深い。開幕戦の東海大静岡翔洋と聖隷クリストファーは1回戦屈指の好カードだ。


 今秋ドラフト候補で、U-18高校日本代表候補研修合宿に参加した遊撃手・紅林弘太郎(3年)のいる駿河総合は、常葉大橘のブロックに入った。3回戦で対戦なるか?

愛知

◎東邦

〇愛工大名電

△享栄


 センバツ王者の東邦は春の県大会初戦で敗れノーシード。1回戦から頂点を目指す。エースとしてセンバツを勝ち抜いたドラフト候補の石川昂弥(3年)は、今大会では三塁手が中心になることが濃厚。センバツで4番を打った熊田任洋(3年)らとともに、強力打線をけん引する。投手陣では左腕・植田結喜(3年)を中心に、何とか石川の負担を少なくしたい。初戦は昨夏ベスト8の天白。勝ち上がれば4回戦で、元中京大中京の大藤敏行監督が率いる享栄と対戦する可能性がある。


 昨夏の西愛知代表・愛工大名電もノーシード。1年生左腕・田村俊介がどんなピッチングをするか楽しみ。ひとつ勝てば、春優勝の中部大第一と対戦するだけに、実現すれば大会の行方を占う試合になるだろう。


 昨秋の東海ベスト4の中京大中京、昨夏の東愛知代表でU-18高校日本代表研修合宿に参加した上田希由翔(きゅうと・3年)のいる愛産大三河なども力がある。中部大春日丘、西尾東のブロックも面白い。

三重

◎津田学園

〇菰野

△三重


 センバツ出場、春の東海大会を制した津田学園が充実。U-18高校日本代表研修合宿に参加したエース・前佑囲斗(3年)を中心に投手陣の層は厚い。マスクを被る阿萬田琉希(3年)が冷静にリードする。打線も主将の石川史門(3年)、秋大活躍の前川夏輝(3年)、イチローに憧れる藤井久大(3年)らを中心に勝負強い打者がそろう。

 第1シードの菰野は150キロ右腕・岡林勇希(3年)を擁する。秋優勝、春準優勝と実績十分だが、不祥事の影響で大会前まで練習試合を行えず、ぶっつけ本番で夏に臨む点がカギ。


 昨春センバツベスト4も夏は初戦敗退だった三重が巻き返しを図る。第3シードの津商と宇治山田商は1回戦屈指の好カード。昨夏初出場を果たした白山は連覇を目指す。

岐阜

◎中京学院大中京

〇県岐阜商

△岐阜第一


 昨秋の東海大会ベスト4の中京学院大中京は、安定感のある左腕・不後祐将(3年)とU-18高校日本研修合宿で大船渡の佐々木朗希の163キロを受けた捕手・藤田健斗(3年)のバッテリーで夏出場を狙う。


 鍛治舎巧監督2年目、ユニフォームも一新して話題を集める県岐阜商はエースの松井大輔(3年)が春の大会で左ひざをケガしたのが気がかり。1年生を積極起用する可能性もある。田所孝二監督が率いる岐阜第一は、エース・高倉明健(3年)が140キロ台中盤の直球を投げ込む。


 夏3連覇を狙う大垣日大は甲子園経験者がたくさんおり、阪口慶三監督がどのように仕上げてくるか? 岐阜は名物監督たちの戦いにも注目だ。

松倉雄太
松倉雄太

 1980年12月5日生まれ。小学校時代はリトルリーグでプレーしていたが、中学時代からは野球観戦に没頭。極端な言い方をすれば、野球を観戦するためならば、どこへでも行ってしまう。2004年からスポーツライターとなり、野球雑誌『ホームラン』などに寄稿している。また、2005年からはABCテレビ『速報甲子園への道』のリサーチャーとしても活動中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント