黒木知宏が考える「イチローの抑え方」
引退した今だから話せる“対策”

アプリ限定

これまで明かすことがなかったイチロー対策を語ってくれた黒木氏
これまで明かすことがなかったイチロー対策を語ってくれた黒木氏【写真は共同】

「世界一のバッターと同じ時期に同じグラウンドで戦えたことは、僕の誇り。そればかりか僕の気持ちをちゃんと受け止め、跳ね返してくれた。そんなバッターはなかなかいなかった」と話す黒木知宏氏。


「心はいつもイチにあり」


 どんなバッターにも魂の投球で真っ向勝負を挑んだ黒木氏にとってイチローの存在は特別で、彼と対峙(たいじ)することをいつも心待ちにしていた。


 配球、球種の投球の組み立て、イチローの呼吸や間合いをいかに外すか。2人だけの空間で、自らのルーティンとイチローのルーティンとのギリギリのせめぎ合いが繰り広げられていた。


「今までは、イチローが現役だったから。僕の発言で少しでもイチローの成績に影響が出てはいけない」という理由で、これまで聞かれても詳しくは語らなかった『イチロー対策』。イチローの引退を機に、ようやく口を開いてくれた。


 黒木が開幕9連勝を飾った2001年。もし自身の絶頂期にイチローと対戦していたら……。いま、思いを巡らせる。


<黒木知宏vs.イチロー 通算対戦成績>

69打数22安打 打率.319 0HR 7打点 11三振

見せ球なしの3球勝負で決めたいが…

1998年7月7日。千葉ロッテが屈辱の17連敗を喫した試合を報じた新聞を見ながら、黒木はイチローとの対戦を振り返る
1998年7月7日。千葉ロッテが屈辱の17連敗を喫した試合を報じた新聞を見ながら、黒木はイチローとの対戦を振り返る【スリーライト】

――現役時代、黒木さんの決め球は、なんだったのですか?


 格好良く言うと、全部(ストレート、カーブ、シュート、スライダー、フォーク)です。何が得意かと聞かれると、「全部得意です」と答えていました(笑)。


――その中でイチローさんに対して使う球、使わない球というのはありましたか?


 それはないんですが、先ほど言ったように、2ストライクに追い込むまでが大変でした。2ストライクに追い込んだ後の勝負球として、ヒントになったのがその7月7日の三振。頭の中にはずっとあったんですが、「やっぱりそうなんだ」と思ったのは、“強く振られない場所”なんです。インコース低めのスライダーを強く振って空振り、ということが結構あったので、みんなそこを狙って投げていたんですが、投げミスをしたときに危ないんですよね。イチローが合わせて打てるところで、長打になりづらい場所は、外角だったんですよ。外角の速い球はパチーンと叩かれるんですが、半面、緩い球にふっと手を出してくるようなところがあった。だから僕の勝負球はできるだけ外め、それもやや高めに意識を持っていっていました。仮に球が抜けても、外に逃げていくので、あまり大ケガはしないんですよ。


 ただ問題は、追い込む前に打たれてしまうので、そこに持っていけなかった(苦笑)。追い込んでも、カウントが2-2にしてしまうと、そこでボール球になったら、3-2。どうしても四球を出せないような状況で、外にはなかなか投げられないでしょう。


――もしもう一度イチローさんと勝負するなら、いつに戻りたいですか?


 2001年ですかね。あのころの僕は、いろんなものが見えていました。開幕から9連勝できてね。でも、イチローはもうメジャーに行ってしまっていた。2001年だったら、どうだったかな。被打率も3割超えでなく、2割ぐらいまで抑えられた可能性もゼロじゃない。そこでアップデートしていくイチローと対戦したらどうだったかなって、夢見心地に思います。


――では2001年に戻って、勝負していただきましょう。まず1球目は?

前田恵

1963年、兵庫県神戸市生まれ。上智大学在学中の85、86年、川崎球場でグラウンドガールを務める。卒業後、ベースボール・マガジン社で野球誌編集記者。91年シーズン限りで退社し、フリーライターに。野球、サッカーなど各種スポーツのほか、旅行、教育、犬関係も執筆。著書に『母たちのプロ野球』(中央公論新社)、『野球酒場』(ベースボール・マガジン社)ほか。編集協力に野村克也著『野村克也からの手紙』(ベースボール・マガジン社)ほか。豪州プロ野球リーグABLの取材歴は20年を超え、昨季よりABL公認でABL Japan公式サイト(http://abl-japan.com)を運営中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント