フライデーナイトJリーグ

サンフレッチェ広島・野津田岳人は
幼少期から自らの意思で決断してきた

父親と一緒に登った近くの山が原点

父親が山が好きだったことに名前の由来がある野津田岳人。足腰の強さの原点は家の近くの山にあるという
父親が山が好きだったことに名前の由来がある野津田岳人。足腰の強さの原点は家の近くの山にあるという【西田泰輔】

 父・正義さんは少しだけ当時を懐かしむように、それでいて少しだけ照れくさそうに言った。


「自分が山を好きだったこともあって、三男には山に関する名前を付けられたらなと思っていたんです」


 その子は――野津田岳人と名付けられた。

 本人に聞けば、照れる様子もなく、うれしそうに答える。


「だから、子どものころはしょっちゅう山登りに連れて行ってもらいました。ちょうど家の近くに、子どもでも登りやすい小さな山があったんです。今思えば、足腰の強さは、その山登りで培ったものかもしれない。今もシーズンオフに実家へ帰ると、たまに登るんです。走れば、15分くらいで登れてしまう、本当に小さな山なんですけど、ちょうどトレーニングにはいいかなって。子どものころは嫌々でしたけど、やっぱり頂上まで登ったときの達成感はありましたよね。あの山は、自分の原点かもしれない」


 広島に生まれ、広島で育った。サッカーボールを蹴り始め、物心がついたときから、サンフレッチェ広島は身近にあった。だから、野津田はサンフレッチェ広島に憧れもしたし、サンフレッチェでプロになろうともがいてきた。当たり前のように、そこにある存在だったから、外に出なければ気づかないこともあった。


 いくつもの山を登り、いくつもの崖を越え、生まれ育った町に戻ってきたから、その大きさが身に染みて分かる。再び紫紺のユニホームに袖を通した野津田は、だから、しっかりとそのピッチを踏みしめている。

遊びの天才と言われていた幼少期

憧れのサンフレッチェ広島でジュニアユースから育ちプロへ。分岐点では自ら決断してきた
憧れのサンフレッチェ広島でジュニアユースから育ちプロへ。分岐点では自ら決断してきた【Getty Images】

 3人兄弟の末っ子として生まれた野津田が、サッカーに出会ったのは幼稚園のとき。母・典子さんがその経緯を明かしてくれた。


「男3人兄弟だったんですけど、いつもマンションの下にあるスペースで遊んでいたんですよね。もしかしたら、それがうるさかったのかもしれないですけど、近所の人に『活発な子は何かスポーツをやらせた方がいい』と言われたんです。それで、どこか近場にスポーツができる場所がないかと探して、見つけたのがサッカースクールでした。最初は長男を入れて、次男とガク(野津田)は付き添い。次男は『自分は野球がやりたい』と、はっきり主張するような子どもだったんですけど、ガクはサッカーを見ていたり、端の方でボールを蹴っていたので、ムズムズしていたんでしょうね。自然と、自分から『サッカーがやりたい』と言い出しました」

3人兄弟の末っ子として生まれた野津田は「遊びの天才」と言われるほど活発だった
3人兄弟の末っ子として生まれた野津田は「遊びの天才」と言われるほど活発だった【西田泰輔】

 典子さんは「小学校の担任の先生からは、『遊びの天才』って言われていたんですよ」と言って笑う。外で遊ぶことが大好きだった野津田は、在籍中にシーガル広島として正式に活動するようになるそのチームで、サッカーにのめり込んでいった。当時は身体も大きかった少年は、小学2年生になると、スクールの選抜チームに誘われ、高学年の選手に混ざってプレーするようになる。正義さんが、当時のエピソードを明かしてくれた。


「選抜チームは、家から少し離れた場所で練習をしていたんです。だから、ガクは学校が終わると、ひとりでバスに乗って通うようになりました。最初こそバスの乗り方は教えましたけど、『本当にサッカーが好きなんだったら、自分で行きなさい』とは話していました。女房に聞けば、当時は乗り過ごしてしまったり、寝てしまって終点まで行ってしまったりと、彼なりにいろいろな経験をしたみたいですけど」


 ふたりの兄がのちのち違う競技に進んだこともあり、環境的には野津田自身が影響されてもおかしくはなかった。だが、本人が「とにかくサッカーが楽しかった」と語るように、明るく、前向きな少年は、バスで通うことにも、上級生とプレーすることにも臆さなかった。

原田大輔

1977年、東京都生まれ。『ワールドサッカーグラフィック』の編集長を務めた後、2008年に独立。編集プロダクション「SCエディトリアル」を立ち上げ、書籍・雑誌の編集・執筆を行っている。ぴあ刊行の『FOOTBALL PEOPLE』シリーズやTAC出版刊行の『ワールドカップ観戦ガイド完全版』などを監修。Jリーグの取材も精力的に行っており、各クラブのオフィシャルメディアをはじめ、さまざまな媒体に記事を寄稿している。