sportsnavi

アスリートのビクトリーロード

宮原知子(フィギュアスケート)が語る金メダルへの道
「前よりも力強く滑れている」

提供:味の素株式会社

ケガから復帰し最高の演技を見せた平昌2018冬季オリンピックを宮原知子に振り返ってもらった
ケガから復帰し最高の演技を見せた平昌2018冬季オリンピックを宮原知子に振り返ってもらった【写真:アフロスポーツ】

 勝利のために。トップアスリートは試合に勝つため、世界に勝つため、自分に勝つために、日々たゆまぬ努力を続けている。本連載「ビクトリーロード」では、さまざまなアスリートがこれまで歩んできた、そしてこの先に思い描く「勝利への道筋」をひもとく。聞き手は、自身も競泳選手として北京2008オリンピック、ロンドン2012オリンピック、リオデジャネイロ2016オリンピックで4つのメダルを獲得してきた競泳の元日本代表選手で、現在はコメンテーターなど幅広いジャンルで活躍し、味の素(株)の栄養プログラム「勝ち飯®」アンバサダーの松田丈志が務める。


 第4回は、フィギュアスケーターの宮原知子と対談する。日本女子のエースである宮原は、平昌2018冬季オリンピックでは女子シングル4位入賞と健闘した。


 惜しくも出場を逃したソチ2014冬季オリンピック後のシーズンから、国内大会4連覇。“ミス・パーフェクト”と呼ばれ、安定した成績を残してきた宮原だが、平昌2018冬季オリンピックの前にはケガとの戦いがあった。積み重ねてきた努力を知る周囲が懸念する中、出場を決して諦めなかった宮原は、念願の舞台で力を出し切った。


 宮原の今季のテーマは「チャレンジ」。リハビリ期間中は他競技の選手との交流から力をもらったという宮原が、夏のオリンピックを知る松田に思いを語った。

ジャンプの質を上げることに集中

今季は「ジャンプの質を上げること」に重点を置いていると話す宮原(右)
今季は「ジャンプの質を上げること」に重点を置いていると話す宮原(右)【写真:アフロスポーツ】

松田 10月初旬に日本で開催された国際大会が今シーズン2戦目となりましたが、試合はどうでしたか?


宮原 自分の演技はまだまだ課題がたくさんあるなと。練習ではいい演技ができたので、後はそれを本番でしないと、という感じです。


松田 新たなチャレンジという意味では、どういうことに取り組んでいますか?


宮原 特に今はジャンプの質を上げることを重点的に練習していて、今までと跳ぶ時の意識の持ち方を変えて練習しています。回転不足で減点されやすいので、今までは単純に高く跳ぶことばかりを考えていたのですが、顔の位置や手の使い方をより細かく意識しながら跳ぶようにしています。跳ぶ直前ぎりぎりまで顔を残して跳んだ方が、最後に回転のピッチが速くなるので、それを目指してやっています。


松田 練習ではもういい感じですか?


宮原 完璧ではないのですが、調子がいい日は自分の中ですごくいいなと思うジャンプが跳べてきているので、その確率をもっと上げたいです。


松田 まだ取り組み始めたばかりで、これからですものね。平昌2018冬季オリンピックの次のシーズンだからいろいろなことにチャレンジできるのかなと思いますが、やはりそういう意識で取り組んでいるのですか?


宮原 そうですね。何か違うことをするには今シーズンが一番やりやすいのかなと思うので、いろいろチャレンジしたいです。(ジャンプについては)今まではいい時はいい評価を頂けたのですが、「どうかな」と考えてしまう時もあるという感じでした。「絶対大丈夫」と毎回思えるような演技がしたい。そのためにはガラッと変えないといけない。先生からもそういうアドバイスを頂いて、思い切って今シーズンからリセットして、また頑張ろうと思いました。どうしても試合になると、今までは「ちゃんと降りたい」という気持ちばかりが先走って大きいジャンプができないことが多かったのですが、今変えているジャンプをきっちりやることを目標に、試合に臨むようにしています。

初めてのオリンピックは「心から楽しめた」

初めてとなった平昌2018冬季オリンピックは「すごく楽しかった」と振り返る
初めてとなった平昌2018冬季オリンピックは「すごく楽しかった」と振り返る【Getty Images】

松田 オリンピックを意識し始めたのは、いつぐらいからですか?


宮原 オリンピックに「絶対に行きたい」と思ったのは平昌2018冬季オリンピックの4年前です。でも、漠然とオリンピック出場を夢に持ったのは、国際試合に出始めた頃です。小学校3、4年生ぐらいですね。


松田 どうでしたか、初めてのオリンピックは?


宮原 すごく楽しかったです。その一言という感じ。


松田 大会直後もそう仰っていましたよね。どんなことが楽しかった?


宮原 すべてが楽しくて。試合だけじゃなくて、選手村で共同生活する感じとか。自分の演技や6分(間練習)に入る時に「自分がここにやっと来られた、本当に来たんだ」ということを心から実感できて、それが感動的でした。緊張はしたのですが、大きな舞台で演技することを楽しむ気持ちの方が勝っていた感じです。


松田 僕が演技を見て感動したのは、今やれることは全部出し切った演技と、それが伝わる宮原さんの表情だったのですが、ご自身ではどのように感じていますか?


宮原 「本当にやり切れた試合だったな」と今でも感じていて……。「せっかく来たかった夢の舞台に立てたからには、いい演技がしたい」と思って試合に臨んでいたので、それが実現できてすごくうれしかったです。


松田 しかも、自己ベストのスコアですもんね。僕、最初のオリンピックで自己ベストが出せなかったんですよ。最初のオリンピックで自分の力を出し切るってすごいことだなと思っているのですが、何故、宮原さんはそれができたのでしょうか?


宮原 大会自体を心から楽しめたということが、大きいのかなと思います。


松田 僕は最初のオリンピックでは「結果を出したい」「ちゃんとやらなきゃ」という気持ちがすごく強くて、楽しむ余裕が全然なかったと思っていて……。(オリンピックを)楽しめる人が結果を出しているなと感じていました。最初から楽しめる余裕があったのはすごいですね。


宮原 余裕は全然なかったです。でも、せっかく来たからには楽しめるだけ楽しんじゃおうと思って。


松田 宮原さんは真面目な印象がありますけど、「楽しんじゃえ」というマインドはどこから来るのでしょうか?


宮原 昨シーズンは特に、ケガから復帰した時に試合の楽しさをすごく味わうことができたので。もしかしたら、その感覚がよかったから平昌2018冬季オリンピックにも上手く気持ちを持っていけたのかなと思います。

【味の素(株)】
沢田聡子

1972年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社に勤めながら、97年にライターとして活動を始める。2004年からフリー。主に採点競技(シンクロナイズドスイミング等)やアイスホッケーを取材して雑誌やウェブに寄稿、現在に至る。