野村克也からの手紙
江夏豊様 寂しがりの君へ
『野村克也からの手紙』

アプリ限定

1976年、トレードを発表する野村氏(中央)と江夏氏(右)
1976年、トレードを発表する野村氏(中央)と江夏氏(右)【写真は共同】

 阪神の大エースとして君臨して10年目に、南海に移籍した江夏豊氏。トレード話に当初は難色を示したが、気持ちを動かすきっかけを作ったのが、当時南海の監督を務めていた野村克也氏だ。江夏氏を食事に誘い、話すこと2時間。話題の中心は、説得でも称賛でもなく、直前に見た本人のピッチング内容だった。


 以来、同じチームの一員となってともに戦った2年間で、濃密な野球談議を繰り返した2人。スターの孤独を理解していた野村氏だからこそ、本音で話ができたし、それを知っていた江夏氏だからこそ、耳を傾けることができた。時を経て、野村氏が、しばらくぶりに愛弟子に伝えたいことを手紙に記した。

信は万物の基を成す

 最近まったく会っていないが、元気でやっているか。2015、16年、阪神で臨時コーチを務めたと聞いた。“臨時”でも、また球界とつながりを持てたのは結構なこと。なんといっても、俺たちは野球をやるしか能がないのだから。


 あれは、1975年のシーズン終盤だった。


 阪神・吉田(義男)監督から、突然の電話。俺も驚いたよ。


「江夏、いりまへんか?」


 俺は思わず「え!? 阪神に江夏って2人いるの?」と聞き返してしまった。


「いやいや、あの“大投手”江夏でんがな」

ベースボール・マガジン社

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント