sportsnavi

メキシコで10位入賞も不満のトロロッソ
ラスト2戦でザウバー再逆転なるか

メキシコでペナルティを“消化”

トロロッソ・ホンダはメキシコGPをスペック2で戦った
トロロッソ・ホンダはメキシコGPをスペック2で戦った【Toro Rosso】

 F1第19戦メキシコGPの決勝後、ピエール・ガスリーが10位入賞を果たしたにもかかわらず、ホンダの田辺豊治テクニカルディレクター(TD)の表情は険しかった。その根底にあったのは「もっとやれたはずだったのに」という思いだ。


 ガスリーはパワーユニット(PU/エンジン)投入に伴うグリッド降格ペナルティで最後尾からのスタートを強いられた。それがなければ、予選Q3に進出し決勝レースでは中団で上位争いができたはずだった。その原因を作ってしまったのはホンダだった。


 ガスリーが第18戦アメリカGPで使用したのと同じ時期に製作されたパワーユニットがベンチテストでいくつも壊れ、ガスリーのレース用スペック3にも同じ問題が起きる懸念があった。そのため大事を取って残り2戦のためにメキシコで新品を投入し、ペナルティを消化しておくことになったのだ。


「ベンチテストをしていたら不具合が出ていたものがあって、その原因を追いかけていくとアッセンブリー(組み上げた部品)の過程で怪しいところ、(他の個体とは違う)変化点があるということで、一度(研究開発を行う)HRD Sakuraに戻して確認をしようということでこういうかたちをとりました。(ベンチで壊れたものの中で)長い個体は全然大丈夫っていうくらいのものもあるんですが、短い個体はレース距離が保つかどうかというくらいで壊れてしまっていました。壊れてレースをダメにしてしまうかもしれないような状態でレースをするわけにはいきませんから」(田辺TD)


 実際にはガスリーの使用した個体にはそれほど深刻な問題はなく、今後も実戦使用ができそうな見込みとなったが、ブラジルでグリッド降格にならないようメキシコで新品を投入しペナルティを消化するというのは、トロロッソ側の意向でもあった。メキシコは伝統的にそれほど得意ではないため今年も期待はできず、それよりも残るブラジルとアブダビで全力で戦える体勢を整えるべきだというわけだ。


「ここでペナルティを受けるのは残念だけど、スペック2とスペック3の性能数値差はかなり大きいんだ。だからここでペナルティを消化し残り2戦でスペック3を使えるようにするのが最善の策だと判断した。我々はメキシコGPでスペック3を使って予選をきちんと戦っていればQ3に行けたと分析している。そして、もしスペック2であれば17番手以上は行けなかったとね」(チーフレースエンジニア、ジョナサン・エドルズ)


 ホンダ自身もまだ熟成が十分でないスペック3をメキシコの高地条件に合わせてセッティングするにはリソースが心もとなく、当初からメキシコGPは「手の内の分かっている」スペック2で戦うつもりだった。そのため、期待するのが難しい条件がそろってしまっていたのだ。

マシンと合っていたコース特性

メキシコGPでポーズをとるピエール・ガスリー
メキシコGPでポーズをとるピエール・ガスリー【Toro Rosso】

 しかし、実際に走り始めてみるとSTR13は極めて快調な走りを見せた。


 トロロッソ・ホンダSTR13は元々低速コーナーが速く、エルマノス・ロドリゲス・サーキットは見た目以上に低速コーナーが多いためこれがマッチした。さらに、空気が薄くどのチームもマキシマムダウンフォースの空力パッケージで走るだけに、STR13が抱える不利のひとつである空力効率の悪さ、つまりドラッグの大きさもいつもよりは小さくなる。


「コース特性自体は僕らのマシンに合っていると思う。いくつかのビッグブレーキングがあり、低速コーナーも多い。ロードラッグで空力効率がそれほど求められないということもある。エンジニアたちが高地に対してしっかりと対応できれば、コンペティティブな走りができるんだ」


 そう語っていたブレンドン・ハートレーは、グリッド降格ペナルティを受ける必要がなく、メキシコGP初日から連日トップ10圏内につけてみせた。


 第17戦日本GPからメカニカル面に手を加え、車体のレイク(前傾角)セッティングを改善し空力パフォーマンスを安定させるべく努力してきたこともあるが、トロロッソが完成させた新型空力パーツの効果も大きかった。フロントウイングの翼端板、ポッドフィン、フロアに手を加えてきた。


 アメリカGPではガスリー車に装着して試したが「メリットもデメリットも無いような感じ」(ガスリー)だった。しかしデータを分析しセットアップを手直しすることでメキシコGPではこれを装着したハートレー車が見違えるような走りを見せるようになった。


 シミュレーション上では0.05秒ほどの効果しか想定していなかったというが、STR13の弱点であった切り返しで車体に当たる風向きが変わる際のダウンフォース量変化の過敏さがスムーズになり、ドライバーがより安心して限界まで攻められるようになったことでそれ以上の効果をもたらすことになった。


「今回のアップデートは、コーナーの入口や出口が前後のコーナーと繋がっているようなところでの、リヤのダウンフォース量や空力バランス変化に効果を発揮するようなものだ。コーナリング中のマシンバランスの変化が、まさに僕がシーズンを通してずっとチームに改善を要求してきたことだったんだ。それによって僕は気持ち良く走ることができるようになったし、それがタイムシートの結果にも表われている」(ハートレー)

F1速報
F1速報
現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント