IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“ふたつのリーグ”からみるF1後半戦
ベッテルにも逆転Vの可能性あり

チャンピオン争いの行方は?

タイトル争いを繰り広げるハミルトン(右)とベッテル(左)
タイトル争いを繰り広げるハミルトン(右)とベッテル(左)【XPB Images】

 地球規模で熱波、猛暑が続く8月、サマーブレイクのF1界でホットニュースが流れた。8月3日にダニエル・リカルドの『ルノー移籍』、14日にフェルナンド・アロンソが『2019年F1不参加』、16日にはカルロス・サインツの『マクラーレン移籍発表』。


 後半戦これから数年に一度……いや、それ以上のチーム/ドライバー変動が勃発する。19日現在、レギュラーコンビが決定済みは2チーム。シートが決まっているドライバーは6人だけだ。


 18年F1シーズンの前半12戦を終えた時点から見た後半戦、そして戴冠への攻防を取り上げたい。前半12戦までの1位と2位の得点、それ以降の追加点、その結果を一覧すると直近の4シーズンでは“逆転V”が3度起きた(17年、16年、14年)。前半12戦までのポイントリーダーがチャンピオンシップを制覇したのは15年の一度きりだ。


2017年

前半1位 セバスチャン・ベッテル220点、2位 ルイス・ハミルトン213点

最終1位 ハミルトン363点(追加150点)、2位 ベッテル:317点(追加97点)


2016年

前半1位 ハミルトン217点、2位 ニコ・ロズベルグ198点

最終1位 ロズベルグ385点(追加187点)、2位 ハミルトン380点(追加163点)


2014年

前半1位 ロズベルグ220点、2位 ハミルトン191点

最終1位 ハミルトン384点(追加193点)、2位 ロズベルグ317点(追加97点)


 このデータを分かりやすく言えば後半に“カタメ勝ち”した者がV奪取している。17年ハミルトンは8戦4勝、16年ロズベルグは9戦4勝、14年ハミルトンは7戦6勝。このハイアベレージが逆転タイトルにつながった。


 18年は1位ハミルトン213点、2位ベッテル189点の「24点差」から後半戦へ突入する。両者の差は14年の「29点差」よりも小さく、17年の「7点差」よりは大きい。ふたりが5度目王者を目指す後半戦、固め勝ちするのはどちらか。両ドライバーとも勝ち切れなければ、F1グランプリ通算997戦目となる最終戦アブダビGP夜空の下で決まることに……。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント