今、一番ホットな高校生バレーボーラー
水町泰杜を突き動かす純粋な思い

アジアユースでMVP、2連覇に大きく貢献

今年は全日本ユースのキャプテンとしてアジアユース選手権を戦った
今年は全日本ユースのキャプテンとしてアジアユース選手権を戦った【写真:AVC】

 高校での活躍もさることながら、今年からは全日本ユースとしての活動も始まった。選抜合宿では、同年代や1つ上の学年の選手たちと研さんを積んだ。


「ここに集まったみんなに、それぞれ違う長所がある。それらを見て、盗んだりできるのは、いい経験になります」


 彼を突き動かすのは、もっともっと自分がうまくなりたい、という純粋な願いだ。だからとことん貪欲だし、どこまでもチャレンジ精神でいられる。全日本のアンダーカテゴリーも、挑戦の1つといえるだろう。


「下手なままだったら、上の舞台にもいけないですし、自分がそういう力をつけることでバレーボールがもっともっと楽しくなると思うんです。上手にプレーができるようになったり、強くなった時のことを考えると、楽しいんだろうなって。うまくなりたいです」


 今年6月下旬からは、タブリーズ(イラン)で行われた第12回アジアユース男子選手権大会(U−18)に出場。指揮した本多洋監督に「キャリアが一番ある」と太鼓判を押され、水町は全日本ユースチームのキャプテンを務めた。前回大会で全日本ユースは初優勝を飾っており、「やるからには優勝したい」と意気込み、大会へ臨んだ。それと同時に、水町は個人としてもある狙いを持っていた。


「どんなものが通用するのか、どんどん試していきたい。それがハマったときは最高にうれしいですし、吸収して、成長して、日本に帰ってきたいと思います」


 水町は全試合に出場し、そして、すべてのゲームで両チーム最多得点をマーク。堂々の大会MVPに輝き、大会2連覇に大きく貢献した。


 日本のユース世代を代表するスパイカーとして、ついにはアジア圏に、「水町泰杜」の名前を刻んだのである。

世界的プレーヤー、クビアクへの憧れとともに

体格の不利を自覚しているからこそ、彼なりの楽しみ方を見いだしている
体格の不利を自覚しているからこそ、彼なりの楽しみ方を見いだしている【月刊バレーボール】

 そんな水町が、強烈に憧れを抱くのが世界のバレーボールシーンを彩るトッププレーヤーの1人、ミハウ・クビアクだ。ポーランド代表のキャプテンを務め、母国で開催された14年の世界バレーで優勝。16年シーズンからはVリーグのパナソニックパンサーズでプレーし、昨シーズンは国内3冠の立役者となった。


 クビアクは身長192センチで、最高到達点は347センチ。世界レベルでは決して大柄ではなく、それらの数字はむしろ日本人に近い。それでも、攻守で卓越したセンスを発揮し、コート上で躍動する。その姿に、水町は心を奪われた。


「元々、全然知らなかったんです。外国人といえば、イゴール(・オムルチェン/豊田合成)選手くらい。あるとき、パナソニックと豊田合成の試合を見て、『この選手、めっちゃうまいやん……』って。一瞬でハートを持っていかれました(笑)。そこからは、どハマリです」


 今年の黒鷲旗では対戦機会はなかったが、会場で距離が近くなる場面が訪れた。行くしかない、と意を決して片手を差し出す。大好きな存在と握手し、頭をなでられた。


「小学生くらいの気持ちに戻りました(笑)。フェイントもそうですし、バックアタックからセットしてトスを上げるのも、見ていて、ほんとうにおもしろい。見るだけで、ワクワクするものがありますよね。自分もそういった選手になりたいと思うんです」


 今、クビアクに質問できるなら、何を聞いてみたいか? 水町にそう投げかけてみると、少し悩んでこう答えた。


「バレーボールのどんな時が楽しいか、を聞いてみたいです。うまくなるには、とかではなくて、あれほどのレベルの選手はどんな時が楽しいんだろうって」


 コート上で見いだす楽しさは、今も確かに水町泰杜の胸の中にある。まだまだこれ以上に――。レベルアップを続ければ、そこにはまた違う世界が、彼の目の前に広がることだろう。


(坂口功将/月刊バレーボール)

月刊バレーボール

1947年創刊。バレーボールの専門誌として、その黎明期から今日まで、日本のバレーボールを取り上げ、その報道内容は、全日本、Vリーグはもちろん、小・中・高・大学生、ママさんまで、多岐に渡る。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント