sportsnavi

大きな失望に包まれたトロロッソ・ホンダ
3連戦のなか、立て直しは急務

「ストレートがすごく遅かった」

ガスリーはリタイア、ハートレーは14位と結果が出なかったトロロッソ・ホンダ
ガスリーはリタイア、ハートレーは14位と結果が出なかったトロロッソ・ホンダ【Toro Rosso】

 フランスGPはトロロッソ・ホンダにとって完全なる期待外れのレースに終わった。前戦カナダGPで投入した“スペック2”パワーユニットの出力向上に手応えを得て臨んでいただけに、予選で14番手(ピエール・ガスリー)、17番手(ブレンドン・ハートレー)に終わった時点でチームは大きな失望に包まれた。


 28年ぶりの開催となったポール・リカールは、長いストレートを中低速のS字で繋いだようなレイアウトで、コーナーらしいコーナーはセクター3にわずかだけ。特にストレート主体のセクター2でトロロッソは最高速の伸びを欠いた。


「ストレートがすごく遅かったんだ。なぜだかは分からない。セクター1と3はライバルと同等の速さがあったのに、ほとんどストレートで構成されているセクター2だけはすごく遅かったんだ。2台のフェラーリの後ろを走っていて彼らのトウを使ってさえいた(空気抵抗を小さくしていた)のに、どうしてこんなに遅かったのか不思議だよ。GPSデータを見る限りではコーナーの速さは悪くない。金曜は旧スペックのパワーユニットを搭載していて土曜の朝から新スペックに換えたけど、カナダの時よりもストレートが遅かった」


 ガスリーが予選後にこう語り、パワーユニット批判をしたかのように報じられた。しかしそれは間違いだ。ガスリーはこう付け加えていた。


「セッティングがうまくできていなかったのか何なのか、理由はまだよく分からない。ダウンフォースを付けすぎていたのか、その理由を探らないといけない」

ポール・リカールでのセッティングの難しさ

地元フランスでのレースに期待が高かったガスリーだが…
地元フランスでのレースに期待が高かったガスリーだが…【Toro Rosso】

 実際のところ、金曜のFP1では8番手、FP2は10番手とトロロッソ・ホンダはポール・リカールでまずまずの速さを見せていた。予選Q1もガスリーは10番手で通過している。


 しかし28年ぶりのポール・リカールはどのチームにとっても実質的に初開催のようなものだった。それゆえにセッティング面での不安があった。長いストレートのドラッグ低減とわずかなコーナーのダウンフォースの、どちらにどれだけバランスを合わせるかという問題だ。


 実はレース週末を迎える前から、ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはこう語っていた。


「4本のストレートと低速コーナーを組み合わせたようなサーキットですが、最終セクターのターン11あたりも気になるなという感じですね。ここは結構風も強いですし、どういう挙動を示すかフリー走行で確認しなければなりません」


「どこのチームも同じでしょうけど、もう何年も走っていないほぼ初めてと言えるサーキットですから、パワーユニット側にしろシャシー側にしろ、シミュレーションしてきたものと突き合わせ見直してFP2、FP3に向かう。とにかく初めてなんで、よく見てセッティングをしていこうという言い方をしていました」

F1速報
F1速報
現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント