IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トヨタにとっては好結果だったが…
ル・マン24時間レースで感じた違和感

“ノーパワー”を払しょくしたトヨタ

悲願のル・マン初優勝を果たし、トロフィーを掲げるトヨタ8号車のドライバー
悲願のル・マン初優勝を果たし、トロフィーを掲げるトヨタ8号車のドライバー【(C)TOYOTA MOTOR CORPORATION】

 6月16日〜17日、フランスのサルト・サーキットで、第86回ル・マン24時間レースが行われた。結果は皆さんご存じの通り、トヨタ8号車が優勝、7号車が2位。公式的には20回目の挑戦にして、初勝利を物にした。ただ、トヨタの“ワークスとして”のル・マン参戦は、1992〜93年のTS010からだと思っているので、それに続くTS020の98年〜99年、そして、2012年から18年までのTS030以降としてカウントしたいし、11回目の挑戦にしての初勝利という印象だろうか。私の中では、トムスや童夢、サードの挑戦は、“チームとして”の参加としてカウントしているからだ。


 今年の優勝に関しては、まずは“おめでとう”。そして、中嶋一貴選手とセバスチャン・ブエミ選手を祝福したい。特に、中嶋選手は、これまで“悲劇のヒーロー”だったので、ようやく肩の荷が下りたことだろう。本人は、「去年、セブがトップを走っている時にトラブルが起きたので、僕だけがそういう巡り合わせなのではないと思って安心しました(笑)」と言っていたが、一昨年の“ノーパワー”は、ル・マンの歴史の中でも決して忘れられない出来事。だからこそ、それを払拭(ふっしょく)できたのは良かったと思う。

違和感ありのアロンソ祭り

 一方、フェルナンド・アロンソ選手に関してだが、確かに走りは凄かった。特に、決勝中の夜間走行は、さすがの一言。ただ、これまで約30年間に渡って、ずっとル・マンを取材してきた私にとっては、レース主催者のACOやチームのアロンソ選手に対する異様とも言える扱い方はむず痒かった。本人が望んで、そうなったのかどうかは分からないのだが、その扱われ方は、ル・マンのスピリットとはまったくかけ離れたものだったからだ。長らくル・マンを取材しているヨーロッパの記者からも、同じ感想は幾度となく聞いているので、あながち私だけが間違っているというのではないと思う。


 まず、公開車検の時だが、トヨタというかアロンソ選手が登場すると、“誰の物か分からないカバンが発見された”というマユツバな理由で、私たちプレスは全員、“ガタイのいい”セキュリティーにブロックされ、取材エリアから一旦退場させられた。もちろん、こんなことは初体験。米国の映画スターでフランスでも人気の高い(日本では考えられないほどのパニックが起きた)パトリック・デンプシー選手(当時)がル・マンに参戦し、初めて車検場を訪れた時でさえこんなブロックはなかったのだから、こちらとしては大ショックというか、“ありえない”という気分。別にアロンソ選手のことだけを取材したいわけではなく、日本のメディアとして中嶋選手や小林可夢偉選手を取材したい立場としては、本当に“???”だった。


 同じ元F1チャンピオンのジェンソン・バトン選手や元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤ選手、これまでにル・マンを制しているアンドレ・ロッテラー選手やニール・ジャニ選手、ロイック・デュバル選手らは、他のドライバーとまったく同じ扱いをされているし、馴染みのジャーナリストと普通に会話していたのに……。


 また、トヨタのメディアセッションでも、他のドライバーとは違い、アロンソ選手だけは別室で、しかも招待されたメディアだけがインタビューできるという方式。私は幸い招待された中の1人だったが、このメディアセッションでも、誰も彼もがアロンソ選手に話を聞きたいわけではないのだから、一緒に扱えばいいのにと強く思った。


 過去を振り返ると、ル・マンで9勝しているトム・クリステンセン選手にしても、F1からポルシェに華々しく移ってきたマーク・ウェバー選手にしても、他のドライバーと扱いは同じ。アウディもポルシェも彼らに対して特別な配慮はまったくせず、その姿勢は清々しかった。


 参加するドライバー180人全員が、それぞれの背景や思いを背負ってきているル・マンだからこそ、皆を平等に扱うのが正しいし、アウディやポルシェの姿勢を支持したい。私にとっては、アロンソ選手もル・マンルーキーのうちの1人であって、特別ではなかった。取材したい内容がない時でも、格別に会って話をしたいという存在ではないのだから、そういう日に招待されても困る。多くのル・マンメディアにとって、それは同じだったと思う。それなのに、ACOやWEC、トヨタGAZOOレーシングが“アロンソ祭り”になっていたことには、強い違和感を憶えた。

J SPORTS
J SPORTS

J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で 約650万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント