sportsnavi

サトノワルキューレが圧巻パフォーマンス
本番ではアーモンドアイとの末脚くらべに

競馬専門紙「優馬」の3歳馬チェック

 今年から優先出走権が2着までに縮小したオークストライアルのフローラSは、最後方から直線一気、圧巻のパフォーマンスでライバルを斬り払ったサトノワルキューレが優勝し、打倒アーモンドアイ候補に浮上した。

オークスまで勢いは止まらない サトノワルキューレ

強烈な差し脚で1番人気の支持に応えたサトノワルキューレ(黒帽)
強烈な差し脚で1番人気の支持に応えたサトノワルキューレ(黒帽)【撮影:日刊ゲンダイ】

4/22(日) 東京11R フローラS(GII) 芝2000m

サトノワルキューレ 牝 馬体重:446kg(-4)

騎手:M.デムーロ 厩舎:(栗) 角居

生産:下河辺牧場

馬主:サトミホースカンパニー

父:ディープインパクト

母:ヒアトゥウィン(Roi Normand)

初勝利時の評価:★★★★ 4点〔1000万クラス〕


 出遅れても焦らず、そのまま最後方からの競馬を選択したのは、終わってみれば自信の表れだったか。2着パイオニアバイオ、3着ノームコアが4角2〜3番手の馬だったことや、開幕週の馬場を考えると、サトノワルキューレの末脚は一枚も二枚も上だったと言えよう。鞍上のM.デムーロJが同厩舎のカンタービレ(フラワーC勝ち馬)とどちらを選ぶのかも気になるところ。


長所

 兎に角、2400mを2度も経験しているアドバンテージは大きい。距離面で未知な部分が付きまとう桜花賞組に対し、こちらは迷いなくレースを運べるからだ。開幕週の高速馬場とはいえ、速い勝ち時計&上がり3Fもクリアしただけに、本番でアーモンドアイやラッキーライラックとも互角に渡り合えそう。


短所

 ゆきやなぎ賞の時にも述べたが、やはり気になるのは減り続けている馬体重。パドックで見る限り問題はなさそうだが、懸念は馬体重よりも間隔の詰まるローテーションがどうか、という点かも。オークスは再度の長距離輸送がある。中間の調整過程に加えて直前の様子もシッカリとチェックしたい。


オークス 想定単勝オッズランキング

(→)1番人気 アーモンドアイ 2.3倍

(→)2番人気 ラッキーライラック 5.9倍

(↑)3番人気 サトノワルキューレ 6.4倍

(↓)4番人気 リリーノーブル 8.9倍

(↓)5番人気 マウレア 16.7倍

(↓)6番人気 カンタービレ 21.6倍

(NEW)7番人気 パイオニアバイオ 22.9倍

(↑)8番人気 ノームコア 29.6倍

(→)9番人気 オールフォーラヴ 30.8倍

(→)10番人気 レッドサクヤ 40.0倍

(→)11番人気 トーセンブレス 42.1倍

(→)12番人気 フィニフティ 44.4倍

(→)13番人気 ミュージアムヒル 47.1倍

(→)14番人気 ロサグラウカ 50.0倍

(→)15番人気 ロケット 66.7倍

(↑)16番人気 スカーレットカラー 88.9倍

(↑)17番人気 ツヅミモン 114.3倍

(↑)18番人気 サヤカチャン 160.0倍

(↓)ランク外 レッドベルローズ - 倍


 フローラSの結果を受けて、想定18頭のオッズは以上のように変動。好パフォーマンスを見せたサトノワルキューレが3番人気に浮上している。オークス戦線は、賞金上位馬の回避が多いため、昨年同様、収得賞金900万の馬でも出走がかないそうな状況となっている。3着で出走権を獲得できなかったノームコアにもチャンスはありそうだ。

競馬専門紙「優馬」
競馬専門紙「優馬」

競馬専門紙「優馬」のスペシャル競馬サイト。トレセンや競馬場という現場で記者やトラックマン達が仕入れてきた生情報を元に、予想記事やコラム記事を掲載しています。さらに、競馬ファンのニーズに対しダイレクトに応えていくようなコンテンツも展開。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント