不可解判定の払拭へ、完全決着狙う村田 日本ボクシングの盛衰懸けた『審判の日』

宮崎正博

因縁の再戦へ――。22日のWBA世界ミドル級タイトル戦へ挑む村田 【写真は共同】

“疑義の荊(けい)”に包まれた初対決。そして因縁の再戦には、どんな結末が待っているのか――。

 あまりに奇妙な判定決着に終わった戦いから5カ月。プロボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ、チャンピオンのアッサン・エンダム(フランス)対挑戦者の1位、村田諒太(帝拳)の12回戦がいよいよ間近に迫った(10月22日、東京・両国国技館)。

 折しも試合の当日は衆議院議員総選挙の投開票日。日本の誇るオリンピック・チャンピオン、村田(2012年ロンドン五輪ミドル級優勝)の勝ち負けは、そのまま日本ボクシング界の盛衰を大きく左右する。こちらも大事な『審判の日』なのだ。

村田が払拭(ふっしょく)してこそ晴れる判定への疑念

試合を見ていた多くが村田の勝利を確信していたが、歴史的な“不実”に見舞われた 【写真は共同】

 あらためてその詳細を語る必要はあるまい。まだ半年も満たないのだ。プロ13戦目で初の世界タイトル(王座決定戦)に臨んだ村田は、歴史的な“不実”に見舞われる。

 4ラウンドに右をカウンターで決めて、エンダムが顔面がら昏倒(こんとう)するダウンを奪った。

 その後も得意の右を炸裂(さくれつ)させて、カメルーン生まれのフランス人を何度もロープにたたきつけた。終盤戦には左フックのボディブローで、またまた追い詰めた。暫定世界王座を含めれば5度も世界タイトルマッチを戦い、うち3勝している元WBO世界ミドル級王者。そんな世界のトップボクサーを村田は圧倒しきったのだ。

 それでも、ジャッジの採点は村田の栄冠を拒んだ。村田の敗北とされた判定が発表されるや、日本中が怒号にまみれた。私を含むリングサイドのジャーナリスト、関係者、そして試合を見届けたファンの大多数は、当然のように村田の快勝とみていた。

 ニューヨーク在住のスポーツライター、杉浦大介氏が海外のジャーナリストを取材し、その全員がジャッジの判断に異議を唱えたというレポートもあった。一度出された判定はむろん覆らないのだが、少なくともエンダム対村田第1戦によって、ジャッジの勝負への不誠実が見過ごせない禍根として、ボクシングという競技に残ったのは事実だ。

自信はついた。手元にないのはベルトだけ

試合には敗れたものの「自信は付いた」と語っていた村田(右)。後はタイトルを奪うだけだ 【写真は共同】

 村田は従前のとおり、こう言うに違いない。自分の勝利のためにだけ戦った。僕が出した結果で多くの人が喜んでくれるのならうれしい。けれど、自分以外の人のために戦ったわけではない――。互いの絶対の急所を直接打撃し合うボクシングはもっとも過酷な競技のひとつ。そのボクシングを生業にする者としては、まったく正しい意識の持ち方である。ただし、自分の戦いで、その生業のあり方に大きな疑念が覆ったとしたら、やはり自らの手で拭い去るのも、最強の男を目指すために、避けられない責任というべきか。少なくともダイレクトでの再戦という残された最良の条件がかなった以上、村田はどうあっても勝たなければならない。

 試合後、村田は繰り返し、こう言っていた。
「ジャッジは第三者が下すもの。出された判定には納得するしかない。正直なところ、エンダム戦の前までは、自分の力がプロの世界でも通じるのかどうか、半信半疑でした。今は通用すると確信が持てました。ただ、(その証拠となる)世界タイトルだけが自分の手に残っていないんです」

 新たに芽生えた自信と、耐えがたき悔しさが交錯する言葉である。

1/2ページ

著者プロフィール

宮崎正博

山口県出身。少年期から熱烈なボクシングファンとなる。日本エディタースクールに学んだ後、1984年にベースボール・マガジン社入社、待望のボクシング・マガジン編集部に配属される。1996年にフリーに転じ、ボクシングはもとより、バドミントン、ボウリング、アイスホッケー、柔道などで人物中心の連載を持ったほか、野球、サッカー、格闘技、夏冬のオリンピック競技とさまざまスポーツ・ジャンルで取材、執筆。2005年、嘱託としてボクシング・マガジンに復帰。07年、編集長を経て再びフリーになる

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント