sportsnavi

香川「何の意味がある試合だったのか」
国際親善試合 NZ戦後の選手コメント

長友佑都(インテル/ミラン)

左サイドを精力的に駆け上がった長友は武藤、乾との縦の関係に好感触
左サイドを精力的に駆け上がった長友は武藤、乾との縦の関係に好感触【Getty Images】

「武藤とも、乾ともいい関係ができた」


(試合を振り返って)チャンスは前半からたくさんあったけれど決め切れず、自分たちで難しい試合にしたなと思います。けれど、最後にこうやって勝ち切れたのはポジティブな結果だったと思います、勝つか負けるかは全然違いますから。


(左からたくさんチャンスを作れていたが)連係もすごく良かったですし、オーバーラップしたら僕を使ってくれたり、あるいは、囮(おとり)にして中に入ってチャンスを作ったり。前半から武藤とも、乾ともいい関係ができて、すごく良かったと思います。ただ、アシストかゴールにつながる結果が欲しかったですけれどね。


(世界と戦う上で、やってきた選手との連係を高めていくのか、新しい選手が入ってきて刺激を求めながらやっていくのか。どちらがいいと思う?)両方ですよね。同じポジションの選手、ライバルに対して「活躍するな」と思うようなレベルの低い戦いはしたくないですよね。ライバルが出て、その選手が活躍した。でも、自分がそれ以上に活躍するというのが本当の競争意識だと思います。僕は自分の中で勝負の哲学というか、ライバルが出ていいプレーをしてもらって、それ以上のプレーを自分がすることを今までも心掛けてやっています。自分自身もそうだし、チームのレベルアップにもつながるのではないかと思いますね。

吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

失点シーンを悔やむ吉田。「今日の教訓を生かして、次につなげていきたい」と前を向いた
失点シーンを悔やむ吉田。「今日の教訓を生かして、次につなげていきたい」と前を向いた【Getty Images】

「失点シーンは数人に細かいミスがあった」


(失点について)そこだけだったんですけどね。まあ、彼(ウッド)の一番得意なパターンだと思いますし、チームメートもたぶん理解していたと思います。いいクロスが上がって、リーグ戦でもああいう形が出てくると思うので、今日の教訓を生かして、次につなげていきたいです。


 あと半歩、一歩の差だったと思うし、もうちょっとボールが短ければ触れたと思うし、長ければ宏樹が触れたと思います。けれど、レベルが高くなればなるほど、そういうところを突いてくると思います。ただ、その(クロスを上げる)前のところ、深くえぐられる前のところで止められる可能性もあったし、数人に細かいミスがあったと思います。


(全体的な対応について)全体的には悪くなかったと思います。本当にあそこ(失点シーン)だけです。ただ、前半は良くて、後半にちょっとリズムを崩してしまいました。サッカーなのでこちらの流れ、相手の流れというのはあると思いますけれど、もう少しうまくできたという感覚があります。


(前半はロングボールでチャンスを作っていた?)3バックのサイドはあまりアジリティーに特化していなかったので、アタッカーがワンアクション、ツーアクションいれると、次の動きで振り切れていました。(久保)裕也のところに出せるタイミングもたくさんありました。前に強くて重心がある分、後ろにスペースがあるとヨッチ(武藤)と話をしていたのでいいボールが通っていました。それがゴールに直結するボールを出せれば、ヨッチがコントロールしてそのままシュートまでいけるようなボールをもう少し出したかったと思います。


 予選のときよりははるかにボールの回し方は良かったと思います。(山口)蛍、陽介のボールの受け方も良かったし、中盤で不必要なミスも、取られてカウンターもほとんどなかった。ただ、そのいい流れを持続したかったです。後半は向こうに流れがいってしまいましたし、僕自身も含めてもう少しコントロールできれば良かったですね。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント