sportsnavi

重馬場の影響か……前哨戦で日本馬は苦戦
凱旋門賞まであと3週間
  • JRA-VAN

“本番”と同距離、同コースで開催されたフォワ賞

凱旋門賞の前哨戦として臨んだフォワ賞で、サトノダイヤモンド(写真)は4着、サトノノブレスは6着に敗れた
凱旋門賞の前哨戦として臨んだフォワ賞で、サトノダイヤモンド(写真)は4着、サトノノブレスは6着に敗れた【Photo by Kazuhiro Kuramoto】

 現地10月1日のG1凱旋門賞(芝2400m)に参戦を予定しているサトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)とサトノノブレス(牡7、栗東・池江泰寿厩舎)が、その前哨戦として現地9月10日にフランス・パリ近郊のシャンティイ競馬場で行われたG2フォワ賞(芝2400m)に出走。凱旋門賞本番と同距離、同コースで行われる舞台でどのような走りを見せてくれるか注目されたが、重馬場に悪化した馬場の影響もあってC.ルメール騎手のサトノダイヤモンドは4着、川田将雅騎手のサトノノブレスは6着。優勝したのはドイツのチンギスシークレットだった。


 今年のフォワ賞には、昨年のG1菊花賞とG1有馬記念に優勝したサトノダイヤモンド、2014年のG2日経新春杯などこれまで重賞4勝を挙げているサトノノブレスのほか、地元フランスから5月のG1ガネー賞まで重賞3連勝してここが休み明けのクロスオブスターズ、昨年のフォワ賞の覇者シルバーウェーヴ、昨年の凱旋門賞にも出走したタリスマニック、ドイツでG1を勝って臨んだチンギスシークレットの6頭が顔をそろえた。

前哨戦を制したのはチンギスシークレット
前哨戦を制したのはチンギスシークレット【Photo by Kazuhiro Kuramoto】

 レースは、スタートしてすぐに日本の2頭が前に出ると、サトノノブレスがサトノダイヤモンドの先導役を務めるべく、川田騎手が肩ムチを入れてハナを主張。先頭から4馬身ほど後ろにサトノダイヤモンドがつけ、それを直後でマークするようにシルバーウェーヴ、チンギスシークレットが続き、差なくタリスマニックとクロスオブスターズが後方に待機して前半は流れた。


 残り1000m付近で6頭が一団の馬群となり、最終コーナーへ向かっての下り坂でチンギスシークレットが動いて徐々に進出を開始。直線を向いたところでサトノダイヤモンドがサトノノブレスに外から並び掛け、後続もさらに外に持ち出して日本の2頭に迫る。


 サトノダイヤモンドはルメール騎手が追い出しを我慢して残り350mでスパートをしたが、いつものような鋭い反応は見られない。先頭に立ったところで外から伸びるチンギスシークレット、クロスオブスターズに交わされ、勝ったチンギスシークレットから3馬身1/2差の4着。サトノノブレスも直線でしぶとさを発揮したが、最下位の6着でレースを終えた。

JRA-VAN

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント