大坂なおみ、肌で感じた女王との差
初めてのウィンブルドンで得た経験

初めての“聖地”で1、2回戦を突破

5度の優勝を誇るビーナスに敗れ、うつむく大坂なおみ。それでも、初めてのウィンブルドン本戦で、確かな収穫を手にした
5度の優勝を誇るビーナスに敗れ、うつむく大坂なおみ。それでも、初めてのウィンブルドン本戦で、確かな収穫を手にした【写真は共同】

 多くの選手が憧れるウィンブルドンの印象を、大坂なおみは「可愛らしい」と表現した。


「コートは小さいところも、奇麗に整えられているし、芝だし……」


 昨年はランキング的には出られる位置につけながらも、ケガで欠場を余儀なくされた。満を持して今年初めて足を踏み入れた“聖地”は、過剰な思い入れがある訳ではなく、それでもやはり特別な空気を感じさせてくれ、なおかつ「私のサーブが生きるはず」という良い予感も与えてくれる地であった。


 そのウィンブルドンでの大坂は、初戦でサラ・ソリベス・トルモ(スペイン)との強打の打ち合いを制す。2回戦では一転、スライスやボレーなどの多彩なショットを操る試合巧者のバルボラ・ストリコバ(チェコ)を、フルセットの末に振り切った。そして3回戦では、ウィンブルドンで5度のタイトルを誇る37歳の大ベテラン、ビーナス・ウィリアムズ(米国)との対戦を迎えたのである。

「テニスを始めたきっかけ」 憧れ姉妹との対戦

女王の力に苦しみながらも、力強いプレーを見せた大坂
女王の力に苦しみながらも、力強いプレーを見せた大坂【写真:アフロ】

「セリーナとビーナスは、私が子供のころから憧れていた選手で、私たちがテニスを始めたきっかけ。だから試合できることは本当に光栄」


 対戦に心踊らす大坂は、ウィリアムズ姉妹と同様に、自分たちも姉妹でニューヨークやフロリダのパブリックコートで練習していた日々を回想する。

「私達の練習を見ていた人達が、『ヘイ、君らは未来のウィリアムズ・シスターズだ』と声を掛けてきたわ」


 未来のスターと近所の人達に目された少女は、長い選手生命を誇る女王が未だ支配力を誇る舞台に、急成長で駆け込んできた。


「彼女は、私と同じようなプレースタイル。パワフルなショットを持つ危険な選手」


 ビーナスは、19歳の挑戦者を評する。


 そのビーナスの言葉を伝え聞いた大坂は「ビーナスの口から、私についての言葉が出てくるなんて不思議な気分」と、はにかんだ笑みを頬に浮かべる。


「できれば、センターコートでやりたないな」

 世界中のテニス選手が憧れる舞台に立つことを、大坂はただ純粋に望んでいた。

内田暁

テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント