IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大躍進の尾崎里紗が持ち帰った自信と課題
“一枚のチラシ”から始まったテニス人生

「過去の自分」との差がスランプへと繋がる

思い描いた通りのテニスができていたという、19歳の頃の尾崎里紗
思い描いた通りのテニスができていたという、19歳の頃の尾崎里紗【Getty Images】

 順風満帆とも言えるジュニアキャリアを送り、18歳でのプロ転向後も力強い成長の足跡を残してきた尾崎だが、20歳の頃に1つの壁に突き当たる。皮肉にもスランプの源泉にあったのは、思い描く理想のテニスができていた、19歳の頃の自分自身の幻影だった。


「あの頃は、ラケットが卓球のラケットくらいの大きさに感じた。手とラケットが一体になっていて、自由に扱える感覚だった」


 最も自信を持つスピンを掛けたフォアの強打で、上位勢相手にも打ち勝った手応え――その手のひらの感覚が、“2年目のジンクス”的な重圧と、プレースタイルの模索の中で消え失せていく。焦りは迷いを誘発し、自身へのいら立ちを生む。試合中にも“あの頃の感覚”を追い始めると、目の前にいる対戦相手の心理はおろか、立つ位置すら見えなくなり始めていた。


 そのような状況から抜け出したひとつの契機は、2015年末に、メンタルコーチに師事し始めたことだろう。まずは「自分を責めずに褒める」ことから始めた彼女は、19歳の頃の幻影とも、徐々に折り合いをつけ始める。


「あの頃の感覚には、戻ろうと思って戻れるものでもないだろうし……あまり考えないようにしています」


 過去を振り切り未来に目を向けると、敗戦を引きずることも少なくなり、1年を通じて安定した結果を残せるようになった。またプレースタイルに関しても、試行錯誤を繰り返しながらも「自分の持ち味は粘り」だと明言できるまでになる。その背景には、昨年末からトレーナーに師事し強化したフィジカルと、それにより生まれたスタミナ面の自信もあった。

相手の弱点を突きメンタルをも突き崩す

「これですわ、里紗はこのテニスで勝っていく!」


 マイアミ・オープン1回戦で63位のルイザ・チリコ(米国)から3−6、7−5、6−1の逆転勝利を奪った時、コーチの川原は会心の笑みを見せた。


 川原の言う「このテニス」とは、「相手の心を乱すテニス」。相手の動きを見極め、心理を読み、苦手な点を突くことでプレーを崩し、最終的にはメンタルをも突き崩す……それが、現在2人が目指すスタイルだ。


 この日の対戦相手のチリコの武器は、破壊力を秘めたフォア。第1セットはその強打に押されて失うが、2セット目に入ると尾崎は、高低差と緩急をつけた配球で、あえて相手のフォアを狙った。

「パワーはあるけれど、フォアの方が崩せると思った」


 果たして彼女が看破した通り、高く弾むスピンで左右に走らされ、低く滑るスライスを膝を曲げ打たされたチリコは、徐々にショットが乱れ、明らかに体力も削られていく。1時間1分を掛け尾崎が第2セットを奪った時、事実上の勝敗は決した。


 以降も尾崎が「相手の心を乱すテニス」を完遂したことは、勝ち上がりのスコアが雄弁に物語る。2回戦は第16シードのキキ・ベルテンス(オランダ)相手に6−4、4−6、6−1。3回戦のユリア・ゲルゲス(ドイツ)は7−6、6−3。いずれも序盤〜中盤の接戦を競り勝ち、終盤で一気に突き放す。両方の試合で相手が見せたいら立ちの表情は、尾崎にとっての勲章だ。

「目指すスタイルが明確になった」

 しかし4回戦で当たった世界1位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)は、尾崎に課題を突き付ける。カウンターを得意としミスの少ないケルバーには、それまでの戦術は通用しない。予選からタフな試合を重ねたことによる心身の疲労も、尾崎から本来の粘り強さを奪っていた。


「私がいつも相手にしているようなプレーを、今日はケルバーにされた」


 試合後の尾崎は、少し落胆の色を見せながらも、冷静に振り返る。


 そのような相手と対峙(たいじ)した時、どう戦うべきなのか……?


 それはこの場所で、この相手と対戦しなくては知りえなかった、掛け替えのない財産だ。何より今の彼女は、自分の進む道に迷いを抱いていない。

「目指すスタイルが明確になったと思いますし、自分の中でイメージ的に固まっている。その考えているプレーを今後、どうすればこういう大きな舞台で発揮できるのか、自分で追及していきたいです」


 濃密な6試合を戦い抜いた1週間の最後に、彼女はそう宣言した。


 アジアから北米に及ぶ長い遠征を終えた尾崎は、約1カ月半ぶりに帰国の途につく。生まれ育った郷里に戻れば、持ち帰った自信と課題を次につなげるべく、再び練習に励むのだろう。


 15年前の春にチラシを手にした校門の、すぐ隣にある、始まりの地のテニススクールで――。

内田暁

テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント