IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本代表、スコットランド戦で見えた課題
「戦術の精度」を高めて第2戦へ

ワールドカップ以来の再戦

スコットランド戦で奮闘した日本代表No.8マフィ
スコットランド戦で奮闘した日本代表No.8マフィ【斉藤健仁】

 可能性は感じたが、欧州の強豪に対して勝つ流れには持っていけなかった――。


 6月18日(土)、ラグビー日本代表(世界ランキング11位)は愛知・豊田スタジアムで、国内テストマッチでは最多(2004年以降)の2万4113人のファンが見守る中、昨秋のワールドカップで唯一敗れたスコットランド代表(同9位)との第1テストマッチを行った。日本は終盤にゴール前に攻め込み見せ場をつくったものの、2度のシンビン(10分間の一時的退場)が響き、13対26で敗れた。なお、このカードの通算成績は、日本の1勝9敗(互いにテストマッチと認めた試合では0勝6敗)となった。


 日本は、先週のカナダ代表戦から、HO堀江翔太主将、LO大野均、FLツイ ヘンドリック、No.8アマナキ・レレィ・マフィらが加わり、昨年のワールドカップ組9人を集めて挑んだ。

 一方のスコットランドも主将で正確なキックが持ち味のSHグレイグ・レイドロー、身長207センチのLOジョニー・グレイ、今年の欧州最強国決定戦である「シックスネーションズ」MVPのFBスチュアート・ホッグらワールドカップの日本戦で先発したメンバー10人をそろえた本気の布陣だった。


 両チームともに、2019年ワールドカップの出場権を獲得しており、来年5月に日本で開催されるワールドカップの組み合わせ抽選を見据えて、一つでも世界ランキングを上げたいという意気込みも感じられた。

No.8マフィのポジショニングを工夫

スコットランド代表はレイドロー主将を中心に、正確なプレーで日本代表に重圧をかけた
スコットランド代表はレイドロー主将を中心に、正確なプレーで日本代表に重圧をかけた【斉藤健仁】

 日本の戦略は「相手の強みであるスクラム、ラインアウトといったセットプレーを極力、少なくすること」、そして「アンストラクチャー(崩れた局面)から攻める」だった。また、それは強力なランナーである2人、スーパーラグビーのレッズ(オーストラリア)で主軸として活躍中のFLツイ、そしてプレミアシップ(イングランド)のバースで存在感を示したNo.8マフィをうまく使うことも狙っていた。「(短い準備期間だったが)落とし込みができました」(田邉淳コーチ)


 序盤、日本はラインアウトはクイックスローイングをするなど狙った通りの試合運びをしていたと言えよう。特にマフィは、アタックでは右ライン際に張っており、守備では相手のキックに備えてFBの位置に入っていた。

素早い攻撃と組織ディフェンスが光る

前半8分、素晴らしいつなぎから堀江主将が逆転トライを奪う
前半8分、素晴らしいつなぎから堀江主将が逆転トライを奪う【斉藤健仁】

 0対3で迎えた前半8分、日本が意図したアタックから素晴らしいトライを見せる。「ツイとマフィと話して、僕たちが体を張るから(金)正奎はボールに絡んでくれ」と言われていたFL金がジャッカルで相手の反則を誘う。すると初先発のSH茂野海人がクイックリスタート、右サイドにいたマフィが力強い突破でゲインして、フォローしたCTB立川理道へパス。そして最後はSO田村優から堀江に渡り、中央にトライを挙げて7対3と逆転に成功した。


 ほかにも良かった点がある。組織ディフェンスだ。マーク・ハメットヘッドコーチ(HC)代行も「ディフェンスのラインスピードは誇りに思っている」と称えた。ディフェンスラインがセットされれば、FWはしっかりと前に出て、一人目が低く、2人目はボールに、と徹底されていた。またBKもCTB立川−CTBティム・ベネットのコンビ間でしっかりと意思疎通ができており、前に出つつも流れるところは、しっかりと流れて相手のアタックを止めていた。この試合の失トライは2だったが,ディフェンスラインが崩れて取られたものではなかった。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント