sportsnavi

高倉監督「進歩している選手を選んだ」
なでしこジャパン米国戦メンバー発表会見
米国遠征のメンバー発表会見に臨んだなでしこジャパンの高倉新監督
米国遠征のメンバー発表会見に臨んだなでしこジャパンの高倉新監督【(C)JFA】

 日本サッカー協会(JFA)は20日、都内で会見を行い、米国遠征(現地時間6月2日/5日ともに米国戦)に臨むサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)のメンバー20名を発表した。


 高倉麻子新監督が就任後、初めて選んだメンバーの中で初招集は5人。池田咲紀子、佐々木繭、千葉園子、中里優、高木ひかりが名を連ねた。代表100キャップ以上を誇る常連の阪口夢穂や大儀見(永里)優希は引き続き選出されたものの、長くキャプテンを務めてきた宮間あやはコンディションが整っていないという理由で代表を辞退した。


 高倉監督は初招集となった選手について「非常にいいものを持っている選手、期待を持てるパフォーマンスをしている選手、コンディションのいい選手を選びました」と明かし、代表選手の選考基準として、「テクニックがあってクレバー」「走れる」「チームのために戦うことができる」「代表への思いが強い」の4つの要素を挙げた。


<メンバー20名>

GK:

山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)

池田咲紀子(浦和レッドダイヤモンズレディース)※

山下杏也加(日テレ・ベレーザ)


DF:

有吉佐織 (日テレ・ベレーザ)

宇津木瑠美 (モンペリエHSC/フランス)

川村優理(ベガルタ仙台レディース)

熊谷紗希(オリンピック・リヨン/フランス)

佐々木繭(ベガルタ仙台レディース)※

村松智子(日テレ・ベレーザ)


MF:

阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)

中島依美(INAC神戸レオネッサ)

杉田亜未(伊賀フットボールクラブくノ一)

高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)※

千葉園子 (ASハリマアルビオン)※

中里優(日テレ・ベレーザ)※

増矢理花 (INAC神戸レオネッサ)


FW:

大儀見(永里)優季 (1.FFCフランクフルト/ドイツ)

菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)

岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)

横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)


※代表初選出

誰が出ても力を発揮できるチームを作りたい

登壇者:

高倉麻子(サッカー日本女子代表 監督)


高倉 皆さんこんにちは、本日はお忙しい中、メンバー発表にお越しくださってありがとうございます。今回のメンバー、米国戦のところで選びましたけれど、新しいなでしこの出発のゲームを世界一のチームの米国とできることを非常にうれしく思っています。


 ただ、米国は五輪に向けて万全の体制で臨む中で、日本は新しいチームで臨みますし、準備期間がない。さらにコロラドは1600メートルの高地ですので、高地対策が十分にできないまま、もちろん時差もあります。そういったマイナスの条件が多い中でやらなければいけないんですけれど、サッカーというのはどの大会でもそうですし、ゲーム中もそうですけども、思いがけない要素は出てくるので、私を含めてスタッフの対応であるとか、選手個人個人の対応を発揮するには非常にいい機会なのかなと思うので、結果を恐れず思い切ってぶつかっていきたいと思います。


 選手選考に関してですが、年齢で区切ることはないという話は就任の時にしましたけれども、私たちなでしこジャパンは未来に進んでいるというのも確かですので、ベテランの域に達してきている選手といいますか、今まで代表で常連だった選手に関しては、ベテランという言い方は好きじゃないんですけれど、最近見ている中で少しでも進歩している、伸びている要素が見える選手を選びました。


 また新しく入った選手に関して言えば、非常にいいものを持っている選手、期待を持てるパフォーマンスをしている選手、コンディションのいい選手を選びました。今後もそうですが、なでしこジャパンに入っていく選手の条件というのは、私なりに思っていることが4つあります。まず、テクニックがあってクレバーであるということ。走れる、走力というのは持久力でもありますし、スピードということでもあります。3つ目は、チームのために戦うことができる選手。自分のわがままなプレーといいますか、自分のプレーだけでなく、チームの中で自分が何をすべきか考えてプレーできる選手ということです。4つ目はやはり、代表への思いが強い選手を選んでいきたいと考えています。


 今回は一番最初で、このメンバーを挙げましたが、1年後、本当にこのメンバーが半分残っているかは私にも分かりません。今回入らなかった選手に対しても、いつでも扉を開けているつもりですし、私自身は上に上がってきてくれる選手をいつも待っています。チーム作りに関して言えば、誰か特定の選手がいなければチーム力が下がるというチーム作りをしようとは思っていませんので、誰が出ても変わらずチームとしての力を発揮できるチームを作りたいと思います。


 でも、そういう中で選手個人に望むことは、その選手がいなければチームが成り立たないというところまで、選手は自分自身を、周囲にそういうふうに思わせるくらいの力をつけられるように日々努力してほしいと感じています。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント