IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豪州の“対策”に力を封じられたなでしこ
痛い初戦の勝ち点0、中1日で韓国戦へ

後半には追加点を奪うチャンスが訪れたが……

後半33分にとどめを刺されたなでしこジャパン。試合は決した
後半33分にとどめを刺されたなでしこジャパン。試合は決した【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 ボールを持たせてもらえない日本は、長い時間を守備に費やした。奪ったボールもすぐに奪い返されるので、「サイドハーフの選手が引きすぎた」(佐々木則夫監督)。そうなると、なでしこがボールを奪える位置(攻撃を開始できる位置)はますます下がり、前方でパスを受ける選手の数も減るという悪循環に陥った。


 前半25分、ペナルティーエリア付近に選手が固まっていた日本は、クリアボールを相手に拾われたところから失点。41分には阪口の横パスがレフェリーの体に当たり、こぼれ球を相手に拾われ2失点目。そこから前半終了間際に大儀見優季のゴールで1点を返したが、「さあ反撃」と畳み掛けたいところをハーフタイムで遮られたのも、振り返ればアンラッキーだった。


 後半には阪口、宮間が決定的なシュートを放つなど、なでしこにも追加点を奪うチャンスが訪れた。後半のシュート数10本という数字が示す通り、日本は敵陣でボールをつなぐことができれば、相手を脅かすことができる。特にサイドに大きく開いた位置に起点を作れれば、そこからクロスと見せかけてゴール手前にもう一度起点を作ることもできた。


 だが、残り時間も気になり始めた後半33分、なでしこは左サイドでおとりの動きに惑わされ、逆サイドではマークから逃げていく相手の動きに対応できず、とどめを刺された。

展開を先読みし、ベストなプレーの選択を

中1日で韓国戦が行われる。試合後、宮間は「修正よりも、自分たちが今までやってきたことを信じることのほうが、より大切かもしれない」と語った
中1日で韓国戦が行われる。試合後、宮間は「修正よりも、自分たちが今までやってきたことを信じることのほうが、より大切かもしれない」と語った【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 5試合しかない五輪予選で2位以内を目指すことを考えると、初戦に勝ち点がゼロだったのはかなり痛手だ。今回と同じく6チーム中2チームに出場権が与えられたロンドン五輪予選は、2位が勝ち点11、3位が勝ち点9。つまり3勝1分け1敗の勝ち点10を挟んで明暗を分けた。


 おそらく今回も、2敗したチームが2位以内に入ることは難しい。日本を破るチームがもう一つ現れれば、そのチームとオーストラリアがリオへ行くことになるだろう。なお、日本戦以外の初日の結果は、中国がベトナムに2−0で勝利、韓国対北朝鮮は1−1の引き分けとなった。


 試合後に宮間は、次の韓国戦までの中1日でチームをどう修正するかと問われると、「修正よりも、自分たちが今までやってきたことを信じることのほうが、より大切かもしれない」といった主旨の発言をした。このコメントは強がりでなければ、「敗因は実力不足ではなく、実力を出せない試合運びをしてしまったこと」という意味に捉えられる。


 宮間の意思をくめば、なでしこは次戦以降、試合をやりながら相手の意図を察知し、展開を先読みしてベストなプレーを選択することが、4大会連続となる五輪への道を切り開く手だてとなる。攻略の糸口さえ見つけられれば、あとは実行するだけで結果がついてくる。

江橋よしのり
江橋よしのり

ライター、女子サッカー解説者、FIFA女子Players of the year投票ジャーナリスト。主な著作に『世界一のあきらめない心』(小学館)、『サッカーなら、どんな障がいも越えられる』(講談社)、『伝記 人見絹枝』(学研)、シリーズ小説『イナズマイレブン』『猫ピッチャー』(いずれも小学館)など。構成者として『佐々木則夫 なでしこ力』『澤穂希 夢をかなえる。』『安藤梢 KOZUEメソッド』も手がける。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント