帝京大5連覇を支えた無名選手の物語 「愚痴ばかり」から変化した牧田旦

CSPark

帝京大の5連覇に大きく貢献した牧田旦。3年まで3軍だったが、4年でレギュラーをつかんだ 【矢崎佐代子】

 ラグビー大学選手権で前人未到の5連覇を達成し、絶対王者として歴史を築いた帝京大。日本代表に選ばれた中村亮土主将ら各年代の代表選手がそろう中で、MVP級の活躍をしたのが、昨季まで公式戦出場がなかった4年生のセンター・牧田旦だ。
 152人の部員を擁する帝京大で、昨年まで3軍でプレーしていた「無名」の選手がどのようにレギュラーをつかみ、輝いたのか。2月16日から始まる日本選手権に向けて準備を進める牧田に聞いた。

「乗り物に弱くて」地元の高校へ

――はじめに、ラグビーを始めた経緯を教えてください。

 父親がラグビーを見るのが好きで、地元にある藤沢ラグビースクールに僕と兄を連れて行ったんですね。そこで始めるようになりました。

――高校は湘南工大付高でしたが、その理由は?

 僕、今は大丈夫なんですけど、昔は乗り物に弱くて(笑)。当時は電車で1、2時間かけて通学するのは考えられなかったんですよ。それで、自宅から近くてラグビーが強い高校を探した結果、湘南工大付高になりました。
 兄は向上高で、そこからお誘いもあったのですが、ちょっと遠すぎて……(苦笑)。通学に電車で2時間くらいかけるのだったら、(湘南工大付高は)自宅から自転車で5〜10分くらいで行けるし、その方が時間も有効に使えるかなと思って、決断しました。

――帝京大を選んだ理由は?

 基本的に、ラグビーで大学に行けたらいいなとは思っていて。2校くらい声をかけていただきました。ただ、湘南工大付高のコーチの方が帝京大のOBだったので、入学しました。ちょうど僕が入る前の年に大学選手権で優勝して、僕らの代までずっと優勝を続けたという感じですね。

「イメージがなかった」公式戦出場

――強豪校に入っていかがでしたか?

 優勝しているチームなので、最初はビビッていました。ただ、入ってみれば気さくな先輩方もいて、スタッフの方も優しかったですし、面倒見の良い人ばかりで、とても良い環境だなと感じましたね。それに、OBでグラウンドまで足を運んでくれる人もたくさんいます。そういうのを見て、やっぱり「愛されているチームなんだな」と感じます。

――公式戦に出られるようになると思っていましたか?

 もちろん、目指していたところではあったんですけど、自分の中ではそういうイメージがなくて。「どうやったらなれるかな」と。
 一応、他の選手に比べれば試合に絡めていた方なので、良い環境にいました。ただ、そのチャンスを生かすことができなくて……。周りからよくいじられました(笑)。
(岩出雅之)監督からは「お前は1年生からチャンスを与えていたのに、モノにできなかったな」と言われます。

愚痴を言って迷惑をかけたリハビリ期間

――それでも監督はチャンスを与え続けてくれたのですか?

 1年生の12月に膝の靭帯(じんたい)、内側と前十字を2本切ってしまって。そこから3年生の春まで試合に出ていません。戻ってきた後はCチーム、Dチームだったんですけど、4年生の春から上のチームに出させてもらいました。徐々に徐々に、ステップアップしていったというところです。

――ケガをした時期は、つらかったのではないでしょうか?

 そうですね。何よりもラグビーができなかったのが辛かったです。ラグビーをするためにこの大学に入ってきたのに、それができないというのは、かなりキツかったですね。一番、楽しみにしていたものが取り上げられたので。

――いろいろな方の支えがあったと思います。

 特にスタッフ、トレーナーの方にはお世話になりましたね。いろいろと愚痴を他の人に言ってしまうタイプなので、迷惑をかけたと思います。4年生になって監督からも「愚痴をよく言うときのプレーは良くなかった」と言われます。ただ、3年生になって食事係長という役職に就いてからは、あまり口にしなくなりましたね。

1/2ページ

著者プロフィール

CSPark

競技・大学問わず大学スポーツに関するあらゆる情報発信を行う大学スポーツ唯一の専門メディア。オリンピック代表や日本代表、年代別代表など次世代を担うアスリートが多く在籍する大学スポーツの魅力を、ニュースやコラム、動画、ブログを通じて、お届けしております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント