学生記者が見た箱根ランナーの成長と素顔=駒大・東洋大・青学大の陸上担当座談会

CSPark

各大学でスポーツ新聞の陸上を担当する3人が、チーム状況や注目選手を教えてくれた。左から東洋大・庄司さん、駒澤大・高笠さん、青山学院大・橋立さん 【CSPark】

 出場23校の熱い思いがぶつかり合う箱根駅伝(来年1月2、3日)まで、残り10日を切った。選手たちは大学生活の全てをかけてレースに臨む。

 そんな選手たちをもっとも近い距離で追い続けているのが、各大学で活動する学生スポーツ新聞である。今回、史上4校目の学生駅伝3冠に王手が懸かる駒澤大、2年ぶりの王座奪還を目指す東洋大、強豪入りへ目覚ましい発展を見せる青山学院大の各紙の陸上担当3人に集まってもらい、学生記者だからこそ知る選手の成長や素顔を語ってもらった。

駒澤大「ブレーキでも立て直せるのが今年の強さ」

駒澤大の高笠さんは、今季のチームの強さを「ブレーキしても立て直せること」と見る 【CSPark】

――まず、それぞれのチーム状況を教えてください

駒大スポーツ2年・高笠優子さん(以下、駒澤) 駒澤大は10月の出雲駅伝、11月の全日本大学駅伝と学生駅伝2連勝中です。今年は窪田忍選手を中心としたエースも、中間の選手も伸びて、みんながどの区間を任されても大丈夫なくらいになっています。けがさえなければ盤石、という感じです。全日本では、2区で1年生の西山雄介選手がブレーキをしてしまいましたが、それを立て直したのが今年の強さかなと思っています。

スポーツ東洋3年・庄司奈央さん(以下、東洋) 今春は、設楽啓太・悠太兄弟が2人そろって1万メートルで27分台を出したり、5月の関東インカレでも5000メートル以外で入賞者が出て、得点も最高記録をマークしました。そのままいくかと思いましたが、相手にならないくらい駒澤大に完敗で……。期待していた分、悔しかったです。ただ、出雲、全日本の結果が選手たちにとってすごくターニングポイントになったようで、みんなが「チームが変わった」と口をそろえています。

青山スポーツ2年・橋立愛子さん(以下、青学) 去年、全日本の予選会での大敗を経験した選手が、今季は「自分たちがチームを引っ張っていく」という意識を強く持っています。今春、エースだった出岐雄大選手(現・中国電力)が抜けましたが、思ったよりも影響は大きくなかったかなと。去年は出雲駅伝で優勝、今年も3大駅伝の出場権を得て、常連校の仲間入りができました。
 久保田和真選手が高校のころからすごく注目されていましたが、同期の小椋裕介選手や神野大地選手らに、「久保田だけには負けたくない」というライバル意識が生まれて、相乗効果が出てきています。今年の全日本の予選会で、久保田選手が神野選手に先着されたのですが、同い年の日本人に負けたのは初めてらしく、終わった後に抱き合っていましたね。小椋選手も、前回の箱根駅伝後の慰労会で「エースは久保田じゃなくて、俺だ!」と言っていました。そこの高め合いは面白いです。

東洋 東洋大も、3年生の高久龍選手と淀川弦太選手が「(同期の)田口(雅也)を抜いてやる」と言ってました。

青学 久保田選手は東洋大の服部勇馬選手ともライバル関係ですよね?

東洋 勇馬選手が1年生の時に、チームのライバルを聞いたことがあります。「いないです」と即答だったのですが、他大では久保田選手と明治大の横手健選手を挙げていましたね。その影響か、弟の弾馬選手も、関東インカレ1500メートルで久保田選手を上回る6位に入った時、「入賞したことよりも久保田さんに勝ったことがうれしい」と言っていて。兄弟そろって意識しているみたいです(笑)。

青山学院大、谷間世代の4年生が成長

青山学院大の橋立さんは、石田ら4年生の活躍に期待を寄せる 【CSPark】

――エントリー選手で成長著しい選手は?

青学 4年生の石田駿介選手ですね。去年、原晋監督は谷間世代と言ってましたが、今年は4年生が4人もメンバーに入りました。中でも石田選手は、10月の高島平ロードレースで優勝もしています。すごくフレンドリーで良い方なので、青スポの陸上班の中でも人気が高いんです。ぜひ活躍してもらいたいですね。

東洋 2年生の寺内将人選手、上村和生選手あたりはすごく成長してきたなと思います。残念ながらエントリーには入っていませんが、高橋尚弥選手もすごく伸びてきているので、今後に期待しています。

駒澤 駒澤大の注目は大塚祥平選手ですね。10月の高島平ロードレース(20キロ)で1時間00分49秒を出して、大八木弘明監督も「ロードに強い」と言っていました。「もしかしたら山に来るのかも」とも思ってます。全日本で6区を走った馬場翔大選手もロードタイプで、2人のどちらかが5区と予想しています。あとは、中村匠吾選手が11月の上尾シティマラソンにも八王子ロングディスタンスにも出ていなかったので、もしかしたら(5区対策で)山にこもっていたのかも。気になりますね。

1/2ページ

著者プロフィール

CSPark

競技・大学問わず大学スポーツに関するあらゆる情報発信を行う大学スポーツ唯一の専門メディア。オリンピック代表や日本代表、年代別代表など次世代を担うアスリートが多く在籍する大学スポーツの魅力を、ニュースやコラム、動画、ブログを通じて、お届けしております。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント