2021-22 全日本選手権・男子FS

2021/12/26 17:00開始

羽生が連覇で五輪内定決める 宇野2位、鍵山3位

順位

${item.title}
${item.list_title_name} ${item.list_title_name} ${title.number} ${title.sub}

※各得点項目をタップで降順表示になります。

総括

【写真:坂本清】

 北京冬季五輪最終選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権は26日、男子フリープログラムがさいたまスーパーアリーナで行われた。

 ショートプログラム(SP)で首位発進した羽生結弦(ANA)は、冒頭で4アクセルの大技に挑戦。惜しくも失敗となったが、その後は修正して総合322.36点をマーク。2年連続6度目の優勝で、3大会連続となる五輪出場を決めた。

 SP2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が総合295.82点で2位、3位には総合292.41点で鍵山優真(オリエンタルバイオ/星槎)が入った。

【結果】全日本選手権・女子FS

テキスト速報

1:鈴木零偉

【写真:坂本清】

鈴木零偉の演技がスタート。
SPの成績:24位(53.45点)

冒頭の2アクセルをきれいに着氷。続く3ルッツは途中で回転が流れ、2回転となった。その次の3サルコウ+3トウループはセカンドジャンプの着地をこらえ、修正。最後に組み込んだ3トウループからの3連続は危なげなく着氷した。柔軟性を生かしたレベル4のスピンなど、持ち味をしっかりと発揮。情熱的なリズムに乗り、最後まで演じきった。

2:鈴木楽人

【写真:坂本清】

鈴木楽人の演技がスタート。
SPの成績:23位(55.00点)

冒頭で3ルッツの連続ジャンプを予定していたが、単独の2ルッツに。その後3ルッツの単独を3トウループ+2トウループに切り替え、リカバリーした。演技後半に組み込んだ2アクセルからの3連続ジャンプは流れのある着氷で、リズムを取り戻す。華やかな曲調に合う、伸び伸びとしたスケーティングを見せた。

3:山隈太一朗

【写真:坂本清】

山隈太一朗の演技がスタート。
SPの成績:22位(55.11点)

最初は3アクセルに果敢に挑戦するも、足が引っかかってしまい転倒。続く3サルコウは余裕のある着氷だった。足換えのシットスピンはレベル4を獲得するなど、各要素で高いクオリティを見せる。演技後半でも3アクセルのコンビネーションに挑戦したが、ここも足が引っかかり両足着氷となった。コミカルな振りも合わせたステップで観客にアピールする場面も。表情豊かな滑りを見せた。

4:長谷川一輝

【写真:坂本清】

長谷川一輝の演技がスタート。
SPの成績:21位(56.86点)

3ルッツのコンビネーションは、セカンドジャンプでバランスを崩すも何とかこらえる。続く3アクセルは、やや回転が足りずに両足着氷となった。その後も、ジャンプが思うように決まらない場面もあったが、「ビートルズコンチェルト」に合わせたしなやかな滑りで、2度目の全日本を締めくくった。

5:石塚玲雄

【写真:坂本清】

石塚玲雄の演技がスタート。
SPの成績:20位(57.06点)

冒頭に組み込んだ3フリップ+3トウループをきれいに着氷。映画「雨に唄えば」に合わせた笑顔のスケーティングで、観客を魅了する。後半の2アクセル+3トウループはクリーンに着氷した。最後の3連続ジャンプもしっかりと着氷。自身にとって最後となる全日本で「雨に唄えば」の世界観を演じきり、フィニッシュ。何度も両手を突き上げ、喜びを表した。

6:杉山匠海

【写真:坂本清】

杉山匠海の演技がスタート。
SPの成績:19位(65.34点)

冒頭の3アクセルは少し着氷でバランスを崩すが、なんとかこらえた。続く3ルッツ+3トウループはきれいな着氷。3つ目の3ループは2回転となった。いくつかジャンプのミスは出たが、スピンでは全てレベル4を獲得。両手をうまく使った美しさを感じさせるスケーティングで、持ち味を出した。

7:大島光翔

【写真:坂本清】

大島光翔の演技がスタート。
SPの成績:18位(65.86点)

冒頭に4ルッツの大技に挑んだが、惜しくも転倒。続く3アクセルも軸が外れ、バランスを崩してしまった。後半の3フリップからの3連続ジャンプは着氷、最後に3ルッツには2トウループをつけ、前半のミスをリカバリーした。憧れという高橋大輔もかつて滑った「道」に合わせ、コミカルかつ楽しげな振り付けを披露。理想の存在に自らを重ね合わせ、滑り切った。

8:須本光希

【写真:坂本清】

須本光希の演技がスタート。
SPの成績:17位(68.55点)

最初にもってきた3ルッツは前傾姿勢となり、リンクに手をつく。次の3トウループは流れのある着氷を見せた。続く3ルッツ+2トウループも着氷。後半には2アクセルの3連続ジャンプを決め、1点以上の出来栄え点を獲得した。ステップではレベル4を獲得するシーンもあり、技術の高いスケーティングを披露。フィニッシュ後、会場は拍手に包まれた。

9:片伊勢武

【写真:坂本清】

片伊勢武の演技がスタート。
SPの成績:16位(69.32点)

3アクセルのコンビネーションを冒頭に予定していたが、タイミングが合わず1アクセルに。その後予定した3つのジャンプは落ち着いて着氷し、リズムを取り戻した。後半の3ルッツ+3トウループは、しっかりとこらえて着氷。初めて挑む全日本のフリーで、しなやかな滑りを見せた。

10:櫛田一樹

【写真:坂本清】

櫛田一樹の演技がスタート。
SPの成績:15位(72.37点)

冒頭に予定した4トウループの連続ジャンプは、力んでしまい単独の2トウループに。3アクセル+1オイラー+3サルコウの3連続は、ややバランスを崩しながらもこらえた。ジャンプのミスは出てしまったが、「マイケル・ジャクソンメドレー」のテンポに合わせた緩急のある振り付けで、観客にアピール。演技後は悔しそうな表情だったが、複数の曲調に合わせてプログラムを演じた。

11:吉岡希

【写真:坂本清】

吉岡希の演技がスタート。
SPの成績:14位(72.94点)

冒頭に入れた4トウループの連続ジャンプは、ファーストジャンプでステップアウトするも、何とか2トウループをつけた。続く4サルコウは回転不足で転倒。後半も3アクセルからの3連続など、高難易度のジャンプにトライ。フィニッシュ後は悔しさを見せたが、大舞台で大技に果敢に挑む姿勢を見せた。

12:森口澄士

【写真:坂本清】

森口澄士の演技がスタート。
SPの成績:13位(76.14点)

最初に挑んだ3アクセルのコンビネーションは、ファーストジャンプで転倒。続けて3アクセルに再び挑んだが、惜しくも着氷後にバランスを崩した。後半の3フリップからの3連続はきっちり着氷。両手を上げて跳んだ最後の3ルッツは、なんとか着氷をこらえた。フリーに選んだ「ジキルとハイド」に情感を込めて滑り切った。

13:壷井達也

【写真:坂本清】

壷井達也の演技がスタート。
SPの成績:12位(77.31点)

冒頭の4サルコウをクリーンに着氷。続く3アクセル+2トウループのコンビネーションもきれいに決めると、単独の3アクセルも着氷し、勢いに乗る。美しいピアノの旋律に合ったしっとりとした振り付けで、曲調に沿った滑りを見せた。後半は3ルッツからの3連続ジャンプ、最後の3フリップもきっちりと着氷し、クリーンな演技でフィニッシュ。力強いガッツポーズを見せ、会場は大きな拍手に包まれた。

14:本田ルーカス剛史

【写真:坂本清】

本田ルーカス剛史の演技がスタート。
SPの成績:11位(78.53点)

冒頭の4トウループは回転が足りずに転倒。続く3アクセルのコンビネーションジャンプは流れのある着氷を見せた。ブルースのリズムに乗った細やかなステップを見せ、レベル4を獲得。終盤に挑戦した3ルッツ+3トウループ、2アクセルからの3連続ジャンプはしっかりと着氷。序盤のミスから修正し、笑顔で滑り切った。

15:田中刑事

【写真:坂本清】

田中刑事の演技がスタート。
SPの成績:10位(84.10点)

最初に組み込んだ4サルコウのコンビネーションジャンプは、3サルコウの単独ジャンプに。続く4サルコウも、回転がほどけて2サルコウとなった。思うようにジャンプが決まらず苦しんだが、映画「セッション」の軽快な音楽に合わせたノリのいいステップで、観客を引き込む。後半の3フリップ+1オイラー+3サルコウの3連続はしっかりと着氷し、立て直した。27歳のベテランらしい表現力を発揮。フィニッシュ後はリンクにひざまずくほど、全身の力を出し切った。

16:島田高志郎

【写真:坂本清】

島田高志郎の演技がスタート。
SPの成績:9位(86.76点)

冒頭の4トウループ+3トウループのコンビネーションは、回転がほどけて単独の2トウループに。続く4サルコウは両足での着氷となった。ジュニア時代に使っていた「City Memories」に合わせ、チャーリー・チャップリンの世界を演じる。後半の3アクセルから始まる3連続ジャンプは、しっかりと着氷。コミカルな振り付けと、美しさのあるスピンを織り交ぜ、成長を示した。

17:佐藤駿

【写真:坂本清】

佐藤駿の演技がスタート。
SPの成績:8位(87.27点)

冒頭に挑んだ4ルッツは流れのある見事な着氷。続く4フリップも降り、大技を続けて成功させた。4トウループのコンビネーションはファーストジャンプで手をついたが、こらえて2トウループをつけた。4本目の4回転となった4トウループも、両足ながら着氷。コンビネーションジャンプでの転倒もあったが、最後の3アクセルは決めた。「オペラ座の怪人」に乗せて自らの持つ技術を全てぶつけ、滑り切る。フィニッシュ後は左肩を抑えながらも、右手を上げて観客に感謝を示した。

18:友野一希

【写真:坂本清】

友野一希の演技がスタート。
SPの成績:7位(87.79点)

4トウループ+2トウループのコンビネーションジャンプを決めてスタート。続く4サルコウもきれいに決めた。4トウループも着氷し、3連続で組み込んだ4回転を全て着氷。映画「ラ・ラ・ランド」の音楽と、会場の手拍子に乗って軽快なステップを刻む。後半の3アクセルからの3連続ジャンプはファーストジャンプで着氷が乱れたが、何とかこらえた。最後のジャンプは3フリップに2トウループをつけてリカバリー。終盤は再び会場の手拍子に乗って表情豊かなスケーティング。気迫あふれる演技に、会場はスタンディングオベーションで応えた。

19:三宅星南

【写真:坂本清】

三宅星南の演技がスタート。
SPの成績:6位(90.52点)

冒頭に挑んだ4サルコウ+2トウループは余裕のある着氷。続く単独の4サルコウは着氷でややバランスを崩した。3アクセルで転倒するなど、ジャンプのバランスに苦しむ場面はあったが、「白鳥の湖」に合わせた伸びやかなスケーティングで会場を引き込んだ。ステップ、スピンでは共にレベル4を獲得し、高いクオリティを感じさせて演技を締めくくった。

20:三浦佳生

【写真:坂本清】

三浦佳生の演技がスタート。
SPの成績:5位(92.81点)

冒頭の4ループはステップアウトしながらも着氷。続く4サルコウは3点以上の出来栄え点がつく見事なジャンプ。4トウループは軸が斜めになりながらもしっかりと着氷した。後半に組み込んだ4トウループは3トウループをつけ、4本の4回転を全て着氷。終盤は「ポエタ」の情熱的なリズムに、力強いステップを重ねる。最後の3連続もしっかりと着氷し、16歳とは思えないような堂々とした演技でフィニッシュ。満面の笑みでガッツポーズし、スタンディングオベーションを受けた。

21:山本草太

【写真:坂本清】

山本草太の演技がスタート。
SPの成績:4位(93.79点)

最初の4トウループは軸がぶれて転倒。続く4サルコウも手をついてしまった。3アクセルのコンビネーションもファーストジャンプが1アクセルとなったが、直後に入れた3アクセルを3連続ジャンプにし、リカバリーした。「これからも僕はいるよ」のしっとりとした曲調に、定評のある滑らかなスケーティングを乗せていく。体全体を使ったコレオシークエンスなど、持ち味を発揮し、演技を終えた。

22:鍵山優真

【写真:坂本清】

鍵山優真の演技がスタート。
SPの成績:3位(95.15点)

冒頭の4サルコウは幅のある着氷。3ルッツ、4トウループ+3トウループと立て続けに着氷し、リズムをつかむと、3アクセルからの3連続ジャンプもしっかりと着氷した。演技後半の4トウループも3点以上の出来栄え点がつく見事な出来。最後の3アクセルこそステップアウトしたものの、映画「グラディエーター」の雄大な音楽に合わせ、完成度の高いプログラムを披露。高い表現力も存分に発揮し、フィニッシュ後は力強く拳を握りしめた。

23:宇野昌磨

【写真:坂本清】

宇野昌磨の演技がスタート。
SPの成績:2位(101.88点)

冒頭の4ループは安定感のある着氷。続く4サルコウも決め、流れに乗って4フリップも着氷。前半4本のジャンプは全て出来栄え点のつく質の高さを見せる。後半の4トウループで転倒があったが、直後に再び4トウループを組み込んで着氷。3アクセルからの3連続ジャンプはきれいに着氷し、修正。「ボレロ」と会場の手拍子に合わせたステップで観客を引き込み、堂々と滑り切った。演技後はステファン・ランビエールコーチとガッチリ抱き合った。

24:羽生結弦

【写真:坂本清】

羽生結弦の演技がスタート。
SPの成績:1位(111.31点)

冒頭に挑んだ史上初の大技・4アクセルは両足の着氷で、ダウングレードとなる。続く4サルコウは4点を超える出来栄え点のつく着氷で、その後は3アクセル+2トウループ、3ループと立て続けにジャンプを決めていく。「天と地と」の雄大な世界観を、きめ細やかな振り付けとステップで表現。後半の4トウループ+3トウループ、4トウループからの3連続、3アクセルと、後半は全てのジャンプを余裕のある着氷。4アクセルの成功はならなかったが、それ以降はしっかりと修正してプログラムを演じきった。場内のスタンディングオベーションを、深々とお辞儀をして受け取った。

関連リンク

安藤美姫のリアルタイム解説を見るならスポーツナビアプリ(無料)

QRコード
対応OS
iOS 14.0以上
Android 7.0以上
  • アプリケーションはiPhoneとiPod touch、またはAndroidでご利用いただけます。
  • Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
  • iPhone、iPod touchはApple Inc.の商標です。
  • iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。