連載:女子バスケがいまアツイ!! 〜歴史的シーズンのクライマックスを堪能する〜

富士通トリオが感じた"町田瑠唯の頼もしさ" 海を渡った仲間へエール「楽しんで」

ライトハウス
アプリ限定

今季のWリーグで躍進した富士通レッドウェーブ。篠崎、宮澤(右)、オコエ(中央)の3選手に町田(左)の進化とオールスターへの抱負を語ってもらった 【写真:アフロスポーツ】

 トヨタ自動車の2連覇で幕を閉じた今季のWリーグにおいて、目を引いたのが富士通レッドウェーブの躍進だ。レギュラーシーズンはコロナの影響も受けて5位だったが、プレーオフではライバルを次々と下し、6年ぶりのファイナル進出。ファイナルで敗れたものの、東京五輪での女子日本代表準優勝を受けて女子バスケの注目度が高まった中で、多くのファンを引きつける試合を展開した。

 ここでは、チームの軸である篠崎澪、宮澤夕貴、オコエ桃仁花が展開した熱きトークの様子をお届けする。後編では、WNBA入りを果たした町田瑠唯の進化や、直前に控えたオールスターへの抱負を語ってもらった(取材日/4月25日、取材・構成/三上太)。

チームメイトから見た町田瑠唯の進化

町田瑠唯(写真)のWNBA挑戦決定はチームメイトにとっても吉報だったという 【写真:アフロスポーツ】

――今シーズンの富士通を語る上で外せないのが、町田選手のWNBA挑戦決定だと思います。町田選手がWNBAからオファーを受けたと聞いたときは率直にどう思いましたか?

宮澤 めっちゃうれしかったです。もしかしたらアメリカに行くかも、という話は聞いていたけど、トライアウトからだと思っていたんです。でも、そうじゃなくてチームとの契約だよってルイさんから聞いて。ウェイトが終わってみんなで円陣をしているときにルイさんから話を聞いて、「よかったじゃん!!」って。めっちゃうれしかったです。

篠崎 私はアースが叫んでる瞬間、もう知っていました(笑)。「あの話だな」って。私もルイから直接聞いたんですけど、うれしかったですね。私もアースと同じ感じで、「やったー!」って、すごく嬉しかったです。アースも私も、ルイがチームのみんなに発表する前に聞いていたんです。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

1/3ページ

著者プロフィール

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント