連載:プロ野球クイズ

プロ野球クイズ<DeNA編> 日本ハム編の答えと解説も掲載

スポーツナビ
 プロ野球に関わるクイズを球団別、テーマ別に掲載。今回は横浜DeNAベイスターズ編のクイズ20問と北海道日本ハムファイターズ編の答え・解説をお届けします。
 DeNA編の答えと解説は26日、埼玉西武ライオンズ編のクイズと合わせて掲載予定です。

※リンク先は外部サイトの場合があります

DeNAクイズ20問

DeNAに関するクイズを20問出題。あなたは何問答えられる? 【写真は共同】

【問1】米マイナーの3Aで野球史上最長飛距離のホームランを打ち、横浜大洋でプレーしたこともある外国人選手は?

1.ジェリー・ホワイト
2.ジョーイ・マイヤー
3.グレン・ブラッグス
4.タイロン・ウッズ

【問2】1985年、1番高木豊、2番加藤博一、3番屋鋪要の「スーパーカートリオ」3人が決めた盗塁の合計は?

1.「106」
2.「128」
3.「148」
4.「156」

【問3】歴代最多の3度サイクル安打を達成した選手は?

1.鈴木尚典
2.高木豊
3.ジム・パチョレック
4.ロバート・ローズ

【問4】2021年9月29日ヤクルト戦、牧秀悟は球団新人最多安打記録の118安打を達成した。それまでこの記録を持っていた選手は?

1.近藤和彦
2.桑田武
3.金城龍彦
4.長崎啓二

【問5】次の選手のうち、ドラフト外での入団ではない選手は?

1.山崎賢一
2.進藤達哉
3.市川和正
4.石井琢朗

【問6】2014年に球団史上初めて、投手部門で1シーズン4度の月間MVPを獲得したが、このうち2度受賞した選手は?

1.井納翔一
2.山口俊
3.三嶋一輝
4.三浦大輔

【問7】「こけしバット」の使い手として脚光を浴びた打者は?

1.山崎賢一
2.長崎啓二
3.山下大輔
4.田代富雄

【問8】1955年に最下位に沈んだ大洋。首位巨人とのゲーム差はNPB史上最大だったが、何ゲーム差?

1.「35.0」
2.「45.5」
3.「53.0」
4.「61.5」

【問9】2008年、右打者の歴代最高となる打率.378をマークした内川聖一。それまで1位だった選手は?

1.落合博満
2.広瀬叔功
3.ロバート・ローズ
4.川上哲治

【問10】次の選手のうち、地元・神奈川県出身ではない選手は?

1.相川英明
2.山中博一
3.鈴木尚典
4.小池正晃

【問11】1993年、横浜大洋ホエールズは横浜ベイスターズに名称変更したが、「ベイスターズ」の初代監督は?

1.古葉竹識
2.須藤豊
3.近藤昭仁
4.大矢明彦

【問12】1993年に29試合連続安打を放ち、外国人選手記録を塗り替えた打者は?

1.ロバート・ローズ
2.グレン・ブラッグス
3.R.J.レイノルズ
4.ラリー・シーツ

【問13】1986〜90年に横浜大洋に在籍し、本塁打王、打点王などのタイトルを獲得したカルロス・ポンセの応援歌は、どこの国の民謡?

1.プエルトリコ
2.ドミニカ共和国
3.ペルー
4.メキシコ

【問14】2012年4月4日の開幕セレモニー「レジェンドOB対決」でロバート・ローズと対戦したOBは?

1.小宮山悟
2.木塚敦志
3.斎藤隆
4.佐々木主浩

【問15】下記の球団歴代投手で、沢村賞を獲得した投手は?

1.平松政次
2.野村弘樹
3.斉藤明夫
4.三浦大輔

【問16】応援歌の原曲に『蒲田行進曲』が使われた選手は?

1.屋鋪要
2.加藤博一
3.田代富雄
4.山下大輔

【問17】1983年、84年に2年連続で最多勝を獲得した遠藤一彦は東海大の出身だが、学部は?

1.政治経済学部
2.法学部
3.農学部
4.工学部

【問18】屋鋪要と同じ小学校を卒業しているプロ野球選手は?

1.金本知憲
2.川相昌弘
3.古田敦也
4.立浪和義

【問19】1956年、秋山登、土井淳、岩岡保宏、黒木弘重、沖山光利の5名が入団したが全員同じ大学だった。どこの大学?

1.早稲田大
2.明治大
3.法政大
4.慶応大

【問20】山下大輔、高木豊の二遊間が共に使用していたグローブのメーカーは?

1.ミズノ
2.ゼット
3.SSK
4.ローリングス

 以上20問いかがでしたか? DeNA編の答えと解説は26日掲載予定です。
 他球団編にもぜひチャレンジしてみてください。

※リンク先は外部サイトの場合があります

 次ページは24日掲載の日本ハム編の答え・解説です。

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント