連載:野球速報アプリ「みんなのMVP」で支持された選手は?

ロッテで最も支持された選手は? 「みんなのMVP」1位獲得数ランキング

スポーツナビ
 スポーツナビが運営するアプリ「スポナビ 野球速報」で実施され、各試合でもっとも活躍した選手をユーザー投票によって決める「みんなのMVP」。熱戦が繰り広げられた今季の戦いの中で一体、誰が最も多く選出されたのか。各球団の「2021年シーズンTOP10」を発表する。
 

※リンク先は外部サイトの場合があります

本塁打を放ち、エチェバリア(写真右)と喜ぶマーティン。今季は打率.233ながら27本塁打&75打点と打線を引っ張った 【写真は共同】

 開幕5連敗スタートもチーム一丸で粘り強い戦いを続け、9月5日には単独首位に立ち、10月14日にはマジックを点灯させるなど、最後の最後まで優勝を争ったロッテ。2位という結果は2年連続だが、昨季以上にファンが“楽しめた”シーズンであったことは間違いない。
 
 その2021年シーズンで最も多く「みんなのMVP」に選ばれたのはマーティン(獲得回数17回)だ。19年7月に来日して以降、強肩強打と「YES! マーティン」の決めぜりふで愛されてきたキューバ出身の助っ人砲。3年目の今季は開幕戦での1号弾を皮切りに、4月6日オリックス戦(ZOZOマリン)の4号弾、同10日西武戦(ZOZOマリン)での6号&7号弾、同28日西武戦(メットライフ)での9号弾で「みんなのMVP」に選ばれながら獅子奮迅の活躍。4月までに10本塁打を放つと、5月6本塁打、6月2本塁打とペースは落ちたが、7月13日の西武戦(メットライフ)で21号満塁弾を放ち、前半戦だけで計11回の「みんなのMVP」に選出。9月に自打球で右足甲を骨折して約2週間の離脱を強いられたが、出場116試合で来日最多の27本塁打&75打点をマーク。打率.233ながら得点圏打率.295の勝負強さが光った。
 
 2位には、高卒4年目のスラッガー、安田尚憲(獲得回数13回)がランクイン。昨季7月下旬から4番を任され、今季開幕も大きな期待を背負った中で「4番・サード」でスタメン出場。2安打5打点と活躍した4月1日の楽天戦(ZOZOマリン)、1号2ランを含む4打点をマークした翌2日の日本ハム戦(札幌ドーム)と2日連続で「みんなのMVP」に選ばれ、4月に月間5本塁打&28打点と大暴れした。その後、調子を崩して5月末には打順降格となったが、6月には月間打率.311を記録して再浮上。度々、打撃不振に陥ってスタメン落ちする試合もあり、波のあるシーズンを過ごしたが、いい波に“乗ったとき”にはファンが確実に支持した。出場115試合で打率.242、8本塁打、55打点という成績に満足はできないが、ファンからの期待は来季も変わらない。
 
 3位も野手が続く形でレアード(獲得回数12回)が入った。今季が来日7年目、ロッテ加入3年目のシーズン。前年は長期離脱が響いて出場39試合で打率.233、6本塁打、15打点という不本意な成績に終わったが、そこから見事な復活を遂げ、シーズン136試合出場で打率.262、29本塁打、95打点の好成績を収めた。本塁打はトップと3本差、打点はトップと1点差のリーグ2位で、惜しくもタイトルは逃したが、自慢のパワーと得点圏打率.323という類いまれな勝負強さで打線をけん引。1試合2発を放った5月11日のソフトバンク戦(PayPayドーム)や9回裏に同点2ランを放った同14日の西武戦(ZOZOマリン)、3安打4打点の活躍を見せた9月12日の楽天戦(ZOZOマリン)などで「みんなのMVP」に選ばれた。
 
 続く4位には、大卒3年目の左腕・小島和哉と高卒3年目の外野手・藤原恭大(ともに獲得回数9回)の同期入団の2人が並んだ。ドラフト3位の小島は、チーム唯一の10勝をマーク。9月11日の楽天戦(ZOZOマリン)でプロ初完投をマークすると、同19日の日本ハム戦(札幌ドーム)、10月3日の楽天戦(楽天生命パーク)では完封勝利を飾るなど、優勝争いの中で抜群の存在感を見せた。一方、ドラフト1位の藤原は4月下旬から2カ月以上も二軍暮らしが続いたが、7、8月の全24試合に出場して打率.348、5本塁打、15打点、5盗塁と大暴れして月間MVPを受賞。9月以降、再び打撃不振に陥ったが、ファンからの支持は依然として高かった。来季はともに背番号を変更(小島が43から14、藤原が2から1)。さらなる活躍を誓う。
 
 以下、8勝を挙げた岩下大輝と、ベールを脱いだ“令和の怪物”佐々木朗希(獲得回数7回)が6位で並び、さらに鈴木昭汰(獲得回数6回)、エチェバリア、山口航輝(ともに獲得回数5回)と続いた。トップ10人は「投手4人、野手6人」となったが、外国人勢以外の7人全員が25歳以下の期待の若手たち。ヤングスターたちに対するファンの期待が今回の結果につながったと言えそうだ。
 

2021年「みんなのMVP」1位獲得回数トップ10

1位 マーティン 17回
2位 安田尚憲 13回
3位 レアード 12回
4位 小島和哉 9回
4位 藤原恭大 9回
6位 岩下大輝 7回
6位 佐々木朗希 7回
8位 鈴木昭汰 6回
9位 エチェバリア 5回
9位 山口航輝 5回
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

新着記事

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

コラムランキング

おすすめ記事(Doスポーツ)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント