連載:プロ野球みんなの意見

水面下で進むプロ野球「16球団構想」 賛成か反対か、ファンの意見はどっち?

前田恵

「16球団構想」賛成派の声

1954年以来、50年ぶりに誕生した新球団・楽天。創設9年目の13年にパ・リーグを制し、日本一に 【写真は共同】

 ここからはユーザーの声を紹介していこう。まずは「16球団構想」賛成派から。

「既存のチームは太平洋側に偏っているので日本海側のチームを増やす等、各地域に根ざしたチームを作ってほしい」

「1リーグを8球団とし、4球団ずつ4ブロックに分けて地区優勝を決め、地区優勝同士でリーグ優勝、リーグ優勝チーム同士で日本シリーズを行うべき」


 プロ野球チームの本拠地がない地域に新球団を誕生させ、本拠地を全国各地に分散させたいというのが、賛成派の大多数の意見だ。全国16か所に“おらが町のチーム”を作り、地域に根ざした活動を行う。リーグ編成はメジャーリーグのように地区別とし、移動の負担を減らしながら、ポストシーズンゲームを盛り上げる。なるほど、理に適った意見である。

「Jリーグを見倣ってもっとチームを増やして二部制にするくらいが盛り上がる! 落ちたくない、上がりたいで切磋琢磨する。選手の枠も増えることで、子どもに夢を与えられる」

「チームが増えることによって、興行的にも新たな可能性が生まれる。また選手の移籍に関する考え方も変わってくるのではないか」


 これらはJリーグから着想を得た意見だ。プロ野球選手の移籍は昔と比べると前向きなイメージに変わったが、Jリーグほど活発に行われていないのが現状だ。また、チーム数が増えることで、Jリーグのような「期限付き移籍」実現の可能性も浮上するか。

「新球団にファンを取られまいと、既存の球団の運営努力が期待できるから」

「プロ野球の将来へ向けて、裾野を広げて、活動の場を増やすべき。1950年の2リーグ分裂からほとんど変わっていないのは、ビジネスとして残念な状態」


 昭和の時代のプロ野球チームは、企業の広告塔としての役割があったが、平成、令和と時代が変遷し、プロ野球チームの運営はビジネスとしての側面が色濃くなった。プロ野球界もさらなる変化を遂げるべきと考えるユーザーの声は、賛成派に散見された。

「各地に球団ができると、旅の楽しみもできる」

「クライマックスシリーズに少しは正当性を与えることができる」


 遠征をいとわないファンにとっては、球団数が増え、かつ本拠地が全国に広がることは願ったり叶ったりということか。16球団の本拠地めぐりは、想像するだけで楽しそうだ。また、上記のようなクライマックスシリーズに関する皮肉交じりのコメントが届いたことも、きっちり付け加えておきたい。

「16球団構想」反対派の声

04年に消滅した大阪近鉄。9月24日のホーム最終戦は、延長11回サヨナラ勝利という劇的な幕切れとなった 【写真は共同】

 一方、「16球団構想」反対派はプロ野球をビジネス視点でシビアに見ていることが伺える。

「出資候補どこよ」

「まず根本に球団を保有できるような企業が4つもあるのか?という問題がある」

「移動が大変になるのでは。主催試合が減り、球団経営がきつくなる可能性がある」


 莫大な支出が求められる球団経営。コロナ禍の状況が不透明な状況下で、こうした意見が出るのはもっともだ。また、ホームゲームの数が減ることに対する不満も、球場観戦派と見られるユーザーの間で見られた。

「競技人口が減っている中で球団を増やすと、プロ野球全体のレベルが下がってしまうから」

「今でも本当のプロ!って思える選手が少なくなったと感じているし、そうなるとさらに外国人の当たり外れでチームの強弱が決まってしまい、レベルダウンに繋がるように思う」


「今の楽天の創設時でも明確な戦力差があった。そんな球団がいきなり4つも出てきたら見てられない」

 球団数が増えることによって、球界全体のレベルがダウンするのではないか――。こうした危惧を、反対派のユーザーの多くが唱えている。04年の球界再編騒動後に分配ドラフトを経て誕生した東北楽天が、1年目のシーズンに挙げた成績「38勝97敗1分け(勝率.281)」の記憶が、いまだ鮮烈に残っているのだろう。

「16球団構想」賛成派は、球界全体のレベルがダウンすることへの不安を解消するために、

「外国人枠の撤廃などでチームレベルが下がらないようにすれば、いい試合がたくさん見られるのではないかと思います」

「選手が増えすぎるとレベルが落ちるが、韓国、台湾の有望な選手が加われば面白いと思う」


 と期待を寄せるが、反対派の中にはこうしたアイデアを

「お金がない球団は補強ができない」

 とバッサリ切り捨てるユーザーもいた。

「狭い日本の中、12球団で十分では」

「多すぎてわからなくなる」


 こうした声もあながち無視はできないだろう。1993年の開幕以来、年々チーム数を増やしてきたJリーグには現在、J1、J2、J3合わせて57ものチームがある。裾野が広がる一方で、「多すぎて覚えられない」という声があがっていることも事実だ。筆者もそのひとりである。

(構成:スリーライト)

2/2ページ

著者プロフィール

前田恵

1963年、兵庫県神戸市生まれ。上智大学在学中の85、86年、川崎球場でグラウンドガールを務める。卒業後、ベースボール・マガジン社で野球誌編集記者。91年シーズン限りで退社し、フリーライターに。野球、サッカーなど各種スポーツのほか、旅行、教育、犬関係も執筆。著書に『母たちのプロ野球』(中央公論新社)、『野球酒場』(ベースボール・マガジン社)ほか。編集協力に野村克也著『野村克也からの手紙』(ベースボール・マガジン社)ほか。豪州プロ野球リーグABLの取材歴は20年を超え、昨季よりABL公認でABL Japan公式サイト(http://abl-japan.com)を運営中。

新着コラム

コラム一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント