箱根駅伝・衝撃の“ごぼう抜き”5選 エース、山の神が残した不滅の記録

和田悟志
アプリ限定

現役の学生“ごぼう抜き”最高記録は東京国際大のイェゴン・ヴィンセント・キベット。第97回(2021年)大会で14人抜きを達成し、前年に相澤晃(東洋大)がマークした2区の区間記録をわずか1年で塗り替えた 【写真:日本スポーツプレス協会/アフロスポーツ】

 箱根駅伝を語る上で欠かせないのが“ごぼう抜き”だ。エースランナーがライバルたちを次々と抜き去り、風を切って疾走していく姿は圧巻で、爽快感すら感じさせる。大学在学時から箱根駅伝のテレビ中継に携わり、現在も取材を続けるスポーツライターの和田悟志氏が、衝撃を受けた歴代のごぼう抜き記録を5つ選んだ。

※リンク先は外部サイトの場合があります

5位

第77回(2001年)10区・鈴木陽介(早稲田大4年)
2人抜き(見た目の順位では4人抜き)


 第77回大会は波乱づくめで、トピックの多い大会だった。2区では東海大の伊藤孝志が途中棄権。往路は箱根おろしが吹き荒れ、近年稀に見るスローペースに。5区では2区から先頭を守ってきた法政大の大村一が、順天堂大の奥田真一郎と中央大の藤原正和に追いつかれ、箱根駅伝の歴史に残る激しい三つ巴を演じた。

 そして、総合優勝争いは、順天堂大と駒澤大が最終区までもつれる大接戦。往路4位と出遅れた駒沢大が9区でついに先頭を奪ったものの、順天堂大も負けてはおらず、アンカー・宮崎展仁で再び逆転し、優勝のフィニッシュテープを切った。順天堂大は史上2校目の学生駅伝三冠を成し遂げた。

 その後方で繰り広げられていたシード権争いも劇的だった。当時は、現行とは違って出場校は15校で、9位までの大学が次回のシード権を得ることができた。
 
その激しいシード権争いの渦中にあったのが、山梨学院大と早稲田大だった。

 復路一斉スタートが7校もあったため、見た目の順位と実際の順位が大きく異なっていた。9区を終えてアンカーにタスキが渡った時の順位は、

5位 山梨学院大学

9位 大東文化大学

10位 日本体育大学

12位 早稲田大学

 という順だった。

 山梨学院大は安全圏にいるようにも見えるが、アンカーの長谷亮が脱水症状のアクシデントに見舞わる苦しいレースに。

 一方、早稲田大のアンカー・鈴木陽介は、見た目の順位も実際の順位も12位からスタートすると、一人、また一人と前をいく選手をとらえていった。そして、フィニッシュ直前には山梨学院大の長谷をも抜き、見た目の順位では4人を抜いて、大手町には8番目で帰ってきた。

 その15秒後に長谷もなんとか9番目でゴール。さらに15秒後に日本大・清水貴之が10番目でフィニッシュラインを越えた。

 しかし、鈴木の健闘もむなしく、復路一斉スタートだった早稲田大は総合順位で10位となり、9位・山梨学院大に30秒届かずシード権を逃した。なお、日本大は総合8位だった。

 鈴木は一浪して早稲田大に入学。10000メートルの持ちタイムは31分07秒0と出場した150人の中では最も遅かった。それでも、区間2位ながら区間新記録の力走を見せた。

 鈴木の一心不乱の走り、そして、ふらふらになりながらも23キロを走り切った山梨学院大の長谷の姿に、シード権への執念と4年生の意地を垣間見た気がした。
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ

1/2ページ

著者プロフィール

和田悟志

1980年、福島県出身。大学在学中から箱根駅伝のテレビ中継に選手情報というポジションで携わる。その後、出版社勤務を経てフリーランスに。陸上競技やDOスポーツとしてのランニングを中心に取材・執筆をしている。

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント